「プリウスPHV」が格安の300万円以下に!PHVプリウスの発売日が決定?EVよりPHVが断然お得に!

スポンサーリンク

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)の購入をこれから検討しようとしている方が、買い控えを強いられそうな報道がでましたね。それは、PHV(プラグインハイブリッド車)の次世代新型「プリウスPHV」の情報です。PHVプリウスの発売はいつ?

なんと次期 発売のPHV「プリウス」は、3代目プリウスの327万円のを大幅に切る、300万円以下の値段設定になっているそうだ!では、

  • なぜPHVプリウスは安くできるの?
  • 発売はいつ?
  • HVの3代目プリウスの値段はどうなる?
2011年11月29日追記:トヨタはいよいよ「プリウスPHV」の予約受け付けを始め、発売日を来年(2012年)の1月30日に決定しました。価格はグレード「S」で320万円からですが、エコカー補助金や減税で数十万円安くなり、実際の購入価格は200万円台後半になりそうです。しかし注意は家庭用の充電設備の費用です。購入価格の見積もりシュミレーションはトヨタ新型「プリウスPHV」の価格を補助金でシュミレーション(見積もり)する方法とは?をご覧ください。

なぜPHVプリウスは安くできるの?

どうやら次世代プリウスの販売見通しをかなりの台数にしているようですね。わたしも思いますが、プラグインハイブリッドで走行距離や燃費が伸びれば、そして安ければそれを購入しない手はなですよね。

つまりトヨタは販売台数がかなり見込めると考え、PHV用のリチウム電池が大量生産され、製造コストが大幅に削減できるのが、PHVプリウスが格安になる理由のようです。これまでのハイブリットカーの値段が高いのは何といっても、主にリチウム電池が高かったせいですからね。

スポンサーリンク

発売はいつ?

次世代プリウスPHVの発売時期はかなり多くの人だけでなく、自動車関連企業に大きな影響と関心を巻き起こすようです。何といってもエコカーを買うならEV(電気自動車)や単なるHV(ハイブリッドカー)よりPHVの方がいいですからね。

各社、EVなどを製造、販売している会社にはかなりの影響がでそうですね。ですから日産自動車やスズキ自動車、本田技研などへの思いやりをこめて、販売時期を明らかにしてほしいですね。今のところ来年だそうですが、購入したいと思っている私のような人間にも買い控えの影響があるので早めに詳しい販売開始時期を公表してほしいところです。

実はHVの3代目プリウスがお得に!

さて、HVの3代目プリウスの値段が気になるところです。当然HVプリウスよりPHV(プラグインハイブリッド車)のほうがいいに決まっていますので、HVプリウスの値段なPHVより下げないといけなくなるようですね。もしかしたらその価格が下がったHVプリウスの方がお得かもしれませんね。

いずれにしろ、プリウスPHVの情報をもう少し明らかにしてほしいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク