スズキ新型軽自動車「スペーシア(Spacia)」登場!燃費と室内空間をホンダの「N-BOX」と比較してみた結果は?

スポンサーリンク

スズキは「スペーシア」という広々居住空間と低燃費を兼ね備えた新型軽自動車を発売すると発表しました。この「スペーシア」のコンセプトはホンダの大人気ワゴン軽自動車「N-BOX」をかなり意識しているような感じがしてなりません。では、「スペーシア」の特徴とは?燃費と室内空間を「N-BOX」との比較すると果たして結果は?

image


スズキ新型軽自動差車「スペーシア(Spacia)」

スズキ自動車は新型ワゴンRやアルトが低燃費化されてかなり販売実績を伸ばしている最中、軽自動車市場にさらに攻勢をかけるがごとくハイトワゴンタイプの「スペーシア」を投入します。

ホンダが軽自動車「N-BOX」を世に送り出した時には、室内空間の広さが最大ウリでしたが、今回のスズキの「スペーシア」も負けていないようです。室内の長さは同クラス最長の2,215mmだそうです。居住空間を強調できる乗降しやすさ抜群のパッケージングが採用されています。

image

スポンサーリンク

圧倒的な低燃費と室内空間の広さ

では以下に、「スペーシア(Sacia)」のウリである室内空間と燃費の良さを、ホンダの「N-BOX+」と比較してみると以下のようになりました。

「N-BOX+」
image
「スペーシア」
image
車体
全長/全幅/全高
(mm)
3,395/1,475
1,780~1,800
3,395/1,475/
1,735~1,740
室内
全長/全幅/全高
(mm)
1,885/1,350/1,400 2,215/1,320/ 1,375
燃料消費率 18.8(T-4WD)~23.2(G-FF) 25.0(T-4WD)~29.0(G-FF)
価格 136万~ 122万8,500円から153万5,100円

以上の比較の結果、室内空間、燃費、ついでに価格もすべて、スズキの新型軽自動車「スペーシア」がホンダの「N-BOX+」を圧倒していることが分かりました。

あくまでも、燃費や広さを重視するなら「スペーシア」に軍配があがります。しかし友人にホンダ車の営業マンがいるなら話は別ですけどね。

なお販売は2013年3月15日からです。私も今愛用ししている軽自動車の買い替えの時期には、ぜひとも検討したい車種になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事