日経新聞を無料で読める方法とは?それでも紙がおススメな理由!

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 415

Warning: curl_setopt(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 425

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 439

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 415

Warning: curl_setopt(): CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when an open_basedir is set in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 425

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/amama/amamoba.com/) in /home/amama/amamoba.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 439

日本経済新聞(以下、日経新聞)を毎日無料で、しかも早朝6時ジャストから読む方法があります。おまけに過去1年間さかのぼって記事検索できます。でもやっぱり紙のほうが断然いいす。以下に日経新聞をタダで読む方法と注意点をメモします。

日経新聞の無料購読法

日本経済新聞の朝刊は3670円です。でもこれが完全無料になる方法があるのはネットの常識です。

でも「そんなのあるの?知らなかったわ!紙の新聞やめるわ!」と早速、取次店に電話するのはやめましょう。というか、やっぱりリアルな新聞紙にはどうあがいても勝てません。

s2015-06-18_11h43_37

先ほどまで、楽天証券の Market Speed という取引ツールで日経の朝刊の見出しを追いかけていたんですが、全然経済界が分かったような気がしません。紙の新聞ならめくるだけで手に取るように経済会の動きが分かるのに。(←その気分になれるだけだが。)

私が思うに紙の日経新聞の良いところは以下のとおり。

  • 見出しや写真の大きさでニュースの重大性が伝わる。
  • 縦書きで読みやすい。
  • 写真や画像でパット見分かる。
  • 一度に目に入る情報量が多くて分かった気分になれる。
  • 広告も読める。
  • ガバット両腕を開いてめくり、世の中の動きを丸ごと把握した気分になれる。

デメリットは?

  • 有料。
  • 検索ができない。
  • 古新聞が溜まる。

一方、無料のWeb上の日経新聞のメリット・デメリットは紙の新聞の逆なのであえて書きません。

ですから余程、金銭的に苦しんでいない限り、これまで日経新聞の誌面に慣れ親しんだ購読者が、無料の日経新聞に飛び付くことはおススメしませんね。

でも、これから日経新聞を読み、金融・経済の動きを追って行きたい、でもお金が無いという人、また私のようにブログのネタ集めに新聞を読んでいる程度の人には以下の方法で日経新聞を無料で読んでみることをおススメします。

日経新聞の全記事を完全無料で読む方法

早い話、無料で読む方法とは、以下の2つの証券会社の口座を開いて、購読条件を満たすだけでOK。必ずしも取引や入金の必要はりません。

楽天証券

まず楽天証券があります。取引口座を開設し、取引専用ツールである 「マーケットスピード(Market Speed)」で日経新聞を読めます。

無料で「マーケットスピード」を利用できる条件は以下のとおり

  • 利用申請から3か月間。
  • 信用取引口座、先物・オプション取引口座、FX口座 開設。
  • 預入(資産残高の評価額)30万円以上。取引不要。
  • 過去3か月の取引あり。

信用取引口座は少々敷居が高いですが、FX口座開設はほぼ誰でもOKです。つまり取引口座の開設が拒否されないかぎり誰でも読めるようになるわけです。

楽天証券で日本経済新聞を読む

スポンサーリンク

丸三証券

丸三証券は取引口座開設を開設できれば、楽天証券のように購読条件はありません。

※ 取引実績が一定期間ないとダメという情報もあり。

丸三証券は楽天証券のように専用ツールからではなく、普通にブラウザからログインして日経新聞を読めます。

また、スマホやタブレットからは専用アプリで読めるようです。

iOS (iPhone/iPad) 用

Android 用

以上、日経新聞を無料購読する方法でしたが、紙の媒体には勝ち目は到底ありません。お金がある方は文字通り紙面にしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事