軽自動車「ミライース」(ダイハツ)の究極の燃費と低価格にあっぱれ!次の買い替えはミライースしかないな!

スポンサーリンク

ダイハツの謎のCM「第3のエコカー」の実態がようやく明らかになりました。昨日(2011年9月20日)に発表と同時に発売開始された、ガソリン車としては究極の低燃費と低価格を実現した「ミライース」(mira e:s)です。我が家の次回の自動車の買い替えはこれで決まりかな!

image

では、この新型軽自動者の性能と自動車業界の構図への影響は?

ミライースの究極の燃費と低価格

ミライースの発表はダイハツの社長自ら乗り出して、消費者がコストパフォーマンスに優れた軽自動車に求める全ての要素一つ一つを究極まで追求した結果がこの新型「ミライース」であると、自信たっぷりに、しかも誇らしく発表しました。

そのダイハツ幹部たちの自信はその驚きの性能に見合ったもののようです。究極の低燃費、低価格を実現したのですから。

低燃費

燃費は従来のダイハツの軽自動車「ミラ」を40%も向上させることに成功。ミライースは駆動形式の違いで2WDと4WDがありますが、2WDでは「10・15モード」でリッター32.0kmの燃費をたたき出した実力です。

ガソリン車で最高の燃費を実現させることができたのは、車体を全体的に60kg軽減させることに成功したことが挙げられます。ボディーの一部を金属から合成樹脂にしたり、軽量シートを採用したりするなど様々な工夫が見られます。

さらにアイドリングストップ機能やエンジンそのもの燃焼効率を上げるなど、いわゆる「イース・テクノロジー」が満載なのです。アイドリングストップ機能では、減速時にブレーキを踏むとエンジンが自動ストップし、アクセルを踏み込むと自動的にエンジンがスタートします。

低価格

エコカーといえば、トヨタのプリウスやホンダのフィットを初めとしてコンパクトHVでありながら150万円以上は当たり前です。以前は300万円していました。

しかし、ダイハツ「ミライース」はそのほぼ半額の79万円からです。グレードによっては違いがありますが。70万円台を打ち出したのは軽自動車業界の中だけでなく自動車業界全体の中でも驚異的であり、大手自動車会社の販売シェアの構図は確実に変わります。(私も次の自動車はミライースと決めているほどです。)

メンテナンス

メンテナンスはどうでしょうか?HV車は維持費が、(燃料費のコスト以外)は通常のガソリン車よりも高めです。しかしミライースは単なるガソリン車ですから、これまで通りのメンテナンスで十分なので通常の軽自動車と同様です。

しばらくは、ダイハツの第3のエコカー「ミライース」(mira e:s)人気は続きそうですね。きっとトヨタのプリウスの販売数にも影響がでるでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事