コンビニの”おでん”のおいしさの秘訣を発見ー我が家で実現、3000円分を1000円で大幅節約!

スポンサーリンク

コンビニのおでんはなぜあんなにおいしいんだろう!家で作ったおでんは?秘密は、味付けと火加減にあったようだ。家でおでんを作ったら、コンビニおでんを買うより三分の一の費用で、大いに節約もできた。またガス代も大幅節約の秘訣は?

コンビニおでん おいしさの秘訣!

コンビニおでんの美味しさの秘密

コビニおでんの美味しさ秘訣を自分なりに考えて、試した結果以下のようになった。

  • 薄味にする。
  • つゆを濁らさないために、沸騰させず、弱火で煮込む。

コンビニおでん おいしさの秘訣!和がらしたったこれだけだと思います。我が家での味付けは少々濃い!煮込みすぎか?それとも、塩分入りのだしを入れすぎか?

今回は薄味にしてみると、コンビニおでんの味に近くなった!塩分が物足りないと感じれば、和がらしを少し多めに付ける、これでさらにコンビニおでんに近くなった。

コンビニおでんの特徴の2つ目は、汁が濁っていない。おでんの作り方の秘訣は誰でも知っているように(?)、沸騰させないことだ。我が家でもこれを極力実現した。とろ火で煮たのだ。

究極の節約おでん

コンビニおでんを我が家で実現する最大のメリットは何と言っても節約だ。
材料費は、三分の一で済んだ。大根は近くで50円で売っていた。

ガス代も節約する方法は、ガスを使わないことだ。といってもはじめは1時間ほどガステーブルで、とろ火で煮込む。しかし、それだけでは足りない。少なくとも4時間は煮たいところだ。

ガスを使わずにどのように煮こむの?

それは、きわめて簡単。おでんが沸騰する直前にガステーブルからおろし、新聞紙にくるんで、布団の中に入れておくことだ、そうすれば3時間の間、80度を超える温度のまま、おでんの具を煮込み続けるのだ。(湯たんぽで低温やけどする人も多いはずだ)

このようにすれば、ガス代も三分の一で済むことになる。 お試しあれ。(アマモ)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事