男の料理「かつ丼」を即席で

スポンサーリンク

男の節約は、自前の料理ですね。自分で料理すると、出前の3分の1の値段ですし、家族にも喜んでもらい、作ってもらうよりおいしく感じます。

ですから、ブロガーの皆さんへ、お勧めしたいいのは、自分で作ることです。人の成長を感じます。以下のように一石三鳥です。

男の節約「カツ丼」

自分で料理することによるメリット3つ

  • 節約になる。出前より三分の一の経費で済む。
  • 家族に喜んでもらえる。
  • 自分で作ることの満足感から、おいしく感じる!(実際の味は?)

上記の理由から、アマモは自分で作ることが多い!妻の協力がありますが・・・・

今日のメニューはカツ丼

以下はその材料です。

  • 玉ねぎ小2個・・・50円
  • かつ2枚・・・・・・・200円
  • ブロッコリー・・・・・80円(添えるだけ)
  • 玉子2個・・・・・46円

2人前で合計、400円程度です。出前なら、一人前で800円から1000円です。二人前なら、出前は1600円から2000円程度ですから、最大で1500円ほどの節約になります。

かつ丼の作り方

まず、とんかつを普通に揚げます。揚げすぎたら終わりですから、「まだかな?」ぐらいで十分です。どうせあとで少し煮ますから・・・。

次に玉ねぎを少し炒めて、酒、砂糖、醤油で味を見ながら玉ねぎを煮ます。

つぎに、揚げたとんかつを食べやすく切り、それを煮た玉ねぎの上にのせ、すぐに卵でとじます。ここでポイントは、とんかつのころもに汁がしみこみすぎないことです。とんかつのころもに汁がしみこみすぎると、とんかつの”サクサク”感がなくなります。

そのごすぐに蓋をして、2,3分弱火で煮て、玉子が半熟状態で、あつあつのご飯に載せます。

人間の成長

まさに男の料理ですね。人間の成長(アマモ)を感じます。とくに家族がおいしそうに食べるなら!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事