【2013年3月更新】ネット通販で得する方法のまとめ!アマゾンや楽天など価格を比較してくれるあのサイトをフル活用

スポンサーリンク

最近ネット通販をかなり利用している私ですが、現時点で最もお得にネットショッピングする方法をまとめてみました。以下の方法はすでに何を購入したいかが決定している場合に、アマゾンや楽天での価格を含め一括比較してくれるサイト「価格.com」 をフル活用する方法です。節約家は常識ですがちょとしたコツがあります。

image

だれでも欲しい商品を購入する場合、できるだけ安く購入したいと考えるものです。日用品や生鮮食品などの生活必需品からブランド物の洋服やバッグ、PCやタブレット端末などの電子機器、プリンターのインクやコピー用紙などの消耗品など、挙げればきりがありません。

時間をかけずに節約することを念頭におくと、買い物の場合パターンは現時点では以下の通り。

日用品の単品

ディスカウントショップ。(アマゾンなどネット通販よりディスカウントショップが圧倒的に安い。)まとめ買いは、以下の方法でネットショップを選択することもあり。特にお米は。

書籍

新刊以外なら、Amazonやブックオフが圧倒的に安い。

電子機器やインクなど

これはアマゾンや楽天も含めて価格の比較をしてくれる価格.com を使わない手はないですね。価格.comへ行き直接価格を調査した後、家電量販店で比較します。

または、まず家電量販店に行き、お目当ての商品の前でiPhoneやAndorid端末のブラウザを立ち上げこちらのURLにアクセス、商品のバーコードを読み取らせて価格.comでの最安値ショップを調査。送料も考慮に入れながら、その場で購入するか、最安値のネット通販で購入するかを決める。

image

または、バーコードで横断的にネット通販の価格を検索してくれるアプリ「クイックスキャン」もいいかも。またアマゾンや楽天だけなら「価格検索」もOKです。

image

価格が値下がりするのを待つ

カメラや電子機器は、新品でも値下がりする可能性が高いですし、新商品の発売が近づけば、価格は必ず下落します。そこで価格の下落情報を通知してくれる価格.com -お知らせメールがかなり役立ちます。

image

また、アマゾンしか利用しないと分かっているなら、アマゾン(Amazon)価格変動チェックツール「Amazon Price Tracker」を利用します。

image

以上が現時点でのネット通販を上手く利用した節約方法でした。他にも時間をかければ、わずかならがさらに節約する方法がありますが、時間が無駄になることを考えれば、上記の手順が一番無駄がないかと思っています。

なおこの定期的に見直しならが更新してゆきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事