知りたい原子力!無料で原子力の論文が読めるサービス開始!岩波書店がネットで無料ダウンロード公開!

スポンサーリンク

「原発、放射性ヨウ素131、崩壊熱、シーベルト、放射性セシウム、想定外・・・」など、最近の原発事故のニュースに登場する専門用語の理解に苦しむことがありますね。メディアや新聞でも分かりやすく解説しているようですが、もっと原発や原子力について知りたい方もいらっしゃるようです。そんな方が無料で原子力関連の専門性の高い文献や論文を読めるサービスを岩波書店が開始しました。岩波書店が原子力について無料ネット公開した理由

今回、被災者支援の目的で岩波書店が無料でネット公開したものは、PDFファイル化された「世界」2011年1月号の特集記事「原子力復興という危険な夢」(3本)、「科学」(2本)です。具体的には岩波書店によると以下の通りです。

  • 「世界」2011年1月号の特集「原子力復興という危険な夢」から以下の3記事
    「原子力のたそがれ──米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」(マイケル・シュナイダー/田窪雅文訳)
    「原発輸出──これだけのリスク」(明石昇二郎)
    「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」(葉上太郎)
  • 「科学」からは以下の2つの記事
    「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(青山道夫・大原利眞・小村和久、1999年1月号)
    「原発震災──破滅を避けるために」(石橋克彦、1997年10月号)

ちなみに各著者は了解済みだそうです。

たとえば上記の「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」の記事では、1997年3月に起きた動燃、東海村で発生した火災事故で放射性物質がどのように大気中を漂ったのかがシュミレートされていたことが記されています。今回の福島原発による放射性物質拡散のシュミレーションに生かされたかどうかは分かりませんが、かなり参考になる文献だったのではないでしょうか。

放射性セシウムの広がりに関する文献

岩波書店は他にも「育育児典CD-ROM版」病気編を今年の6月までネット上で無料公開しています。岩波書店が育児辞典「病気」編をを無料公開

eBook USERよると、岩波書店代表取締役社長の山口昭男氏は、今回の原子力関連の文献のネット無料公開について

「被災地の方々がいま必要とされているものは何か、復興に向けて協力できることは何か――岩波書店は、出版社としてできる限りのことを追求したいと考えています。そして、日本社会の復興、再建に向けて、全力を尽くす決意です」

と述べて、震災復興へとできる限り協力したいとの胸の内を明かしています。是非他の出版業界も追随してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク