電気代のソントク!「がっちりーアカデミー」で明らかになった、電気代節約の最新方法とは?

スポンサーリンク

電気代のソントクと節約は「がっちりーアカデミー」

毎月の電気代(電気料金)が気になる節約志向家の皆さんに朗報な情報がが、「がっちりアカデミー」という人気番組で放送されて大反響を及ぼしたようです。

単に電気代を節約すればいいという主婦感覚の考え方は正しいようですが、さらに電気代を安くする方法があります。

村井哲之さんによると、毎月の「電気ご使用量のお知らせ」を捨てると損だそうです。え・・・なぜ?

彼は一人暮らしだが、6月分は1404円程度だったそうです。どうしてそんなに電気代が安いの?

毎月の「電気ご使用量のお知らせ」の見方

毎月の「電気ご使用量のお知らせ」を捨てると損「がっちりアカデミー」

1段料金から3段料金までで、使えば使うほど電気代が高くなるのです。ですから、電気代の節約のためには、できるだけ2段料金ですむ使い方がにすることが大切です。

また、従量電灯A,B,Cをよく知ることや、契約つまりアンペア数も基本料金に直接関係しているのです。

契約アンペアを下げる

あまり電気製品をを同時に使っていないなら、アンペア数を下げるのも毎月数百円以上も電気料金を下げることができるかもしれません。

下は東京電力(東電)のアンペア数ごとの基本料金ですが、10アンペア下げるだけで毎月250円以上下がるようですね。

契約アンペアを下げると電気代の基本料金が安くなる!

電荷厨房住宅割引

毎月の「電気ご使用量のお知らせ」の契約アンペア―を下げると電気代が浮く

IHの導入は経費がかかるが、ガス代がゼロになりますので、使い続けることによってトータル的には安くなることが多いようです。

口座振替

コンビニなどで支払うより口座振替にすると、50円引きになって電気料金はお得になる。さらにクレジットカード払いにするとポイントも2倍になることもあるが、口座振替の50円引きがなくなるので注意が必要です。つまりカードで100円1ポイント付くなら、毎月電気代が5000円以上の人はクレジット払いがお得かも!

料金プランの変更(時間帯契約)

電力会社によって違うが、お得なナイト10などを契約すれば、昼間より夜(夜10時から8時)のほうが三分の一程度の単価なのでよる活動する人にとってはお得なプランがあります。

昼間は電気を使わない家庭や一人暮らしの方は時間帯契約など考慮したらいいかもしれませんね。

省エネナビでご家庭の電気代使用状況も確認できますね。ちょっと高額ですが・・・。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事