スズキ新型「MRワゴン エコ」が軽ワゴンで最高クラスの燃費27.2km/Lを達成できた技術とは!

スポンサーリンク

日本でかなり売れている人気の軽自動車「MRワゴン」が第三のエコカーとえいるほど燃費を向上させて進化しました。燃費は27.2km/Lを達成した「MRワゴン エコ」で、軽ワゴンで最高クラスの燃費のようです。燃費向上のための小細工(技術)や価格が気になります。

image

「MRワゴン エコ」

友人の中でMRワゴンに乗っている人は少なくとも3名います。かなり満足しているらしいのですが、その友人に「次に買い換えるならどの車種にする?」と尋ねたら、「もちろん『MRワゴン エコ』 だ!」と返事が返ってきそうな新型車が登場しました。

image

現行のワゴン型軽自動車の中では最高の低燃費であるJC08モード27.2km/Lを達成している「MRワゴン エコ」は、同じくスズキ「アルト エコ」の兄弟分となっています。というのもその低燃費化技術を取り入れた新世代R06A型エンジン&CVTを搭載しているのです。

従来のMRワゴンは「MRワゴン X アイドリングストップ」で燃費を伸ばしてきていましたが、上記の一番最年少の「アルトエコ」のエンジン技術を採用して、燃費をさらに3.0km/L伸ばしています。

また新しい「アイドリングストップ」機能がブレーキを踏んから時速9km以下になるとエンジンが停止するように改良されているのことや、転がり抵抗を極限まで抑えるタイヤの採用などのMRワゴンの足回り改良も、燃費向上に大きく影響したようです。スズキ MRワゴン

インテリアも抜群です。

image

MRワゴンならでは居住空間の広がりはそのままです。

image

新型「MRワゴン エコ」の価格はちょっとお高い気がしますが、110万円からとなっています。

image

バレンタインデーの今日から発売です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事