悲報?「あわせ買いプログラム」を導入しAmazon全商品送料無料を撤廃!しかしお得になりそうな予感!

スポンサーリンク

悲報(?)です。低価格商品でも送料無料にしていたAmazonですが、合計2500円に達しないと購入できない商品を指定する「あわせ買いプログラム」なるものを導入して、事実上 全商品送料無料を撤廃しました。しかし対象商品が充実してくれば、生活スタイルに変化が生じるほどお得になりそうな・・・?

image


Amazon「あわせ買いプログラム」

今ネットでちょっとした騒ぎになっており、「改悪だ」とも言われている「あわせ買いプログラム」とはいったいどういうシステムなのでしょうか?

簡単に言えば、「あわせ買いプログラム」対象商品になっているものは、いわゆる”抱き合わせ販売”でしか購入できないというもののようです。

対象商品をどうしても手に入れたい場合は、合計2500円以上になるようにカートに入れてくださいということのようです。送料を払ってまでその対象商品を単品では購入できないです。これって強引な”抱き合わせ販売”の手法のような気がします。

image

Amazon.co.jp ヘルプによると、「単品ではご注文いただけない低価格帯の商品を、複数商品とあわせることでご購入いただけるプログラムです。」とありました。確かにAmazonが送料を手出しまでして低価格商品を販売できないのは理解できます。

しかし同ページには「このプログラムによって、低価格帯商品の品ぞろえが拡大し、よりバラエティに富んだ商品をご購入いただけるようになりました。」とあり、”不要なものもまで一緒に買ってね”と言っているような気がしました。

実はお得に?

しかし、この「あわせ買いプログラム」である商品を見てみると、お得になるかもしれないことが判明しました。以下は、Amazon無いでトンボ鉛筆8900 B で検索してみたところです。

同じ商品が、一方では値段が安い価格で「あわせ買い対象」となっており、もう一方では、通常の価格で送料無料になっています。

image

つまり、

「あわせ買い対象」商品は価格が通常よりも抑えられており、「あわせ買い対象」だけを買えばかなりお得になる。Amazonヘビーユーザーは、「あわせ買い対象」商品が充実していけば、かなりお得に日常の生活用品を低価格で購入できる。

という訳です。つまりディスカウントショップで生活必需品を買いだめするような私の場合、かえってAmazonの「あわせ買い対象」に絞ってまとめ買いすれば、かなりお得に購入できる可能性があります。言い過ぎかもしれませんが、買い物時間を節約できるほど生活スタイルに変化が生じるかもしれません。(その分、宅配の人との接触が多くなる)

以上の理由から、Amazonの新システム「あわせ買い対象」は、改悪だとは思わず、節約生活を満喫できる素晴らしいシステムになることを期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事