レシート読み取りが可能になったアプリ「家計簿Zaim」とOCN家計簿で最強に!面倒だけどね

スポンサーリンク

アプリ「家計簿Zaim」(iOS/Android)にカメラでレシートを撮影して読み取れる機能がやっと搭載されたの使ってみました。銀行やクレジットカードと連携するクラウド家計簿である「OCN家計簿」との連携は抜群ですね。

レシート読み取りが可能になったアプリ「家計簿Zaim」


レシート読み取りが可能になったアプリ「家計簿Zaim」

家計簿アプリは沢山ありますが、手入力はしんどいく、よほど几帳面でないと長続きしませんね。しかし「家計簿Zaim」は今回、iPhoneなどのスマートフォンのカメラでレシートを読み取るだけで、かなりの精度で買い物リストを登録できます。ちなみにこのアプリは収支分析や、予算を立てることも可能で、節約したい方に便利な機能が付いています。さらに「OCN家計簿」と連携しており、銀行口座の公共料金自動引き落とし項目とともに管理できて便利になります。

image

家計簿Zaim
カテゴリ:ファイナンス
価格(執筆時):: 無料

アプリから直接ユーザー登録します。

image

zaim.netから確認メールが届きますので、本登録用ののURLをクリックして手続きを完了させます。

image

アプリ起動後、最低でも通貨単価を日本円(JPY)にして、早速「入力」するから「レシートを撮影して」入力してみます。

image

罫線に合わせて撮影します。

image

初めからかなりの精度で読み取れたみたいです。品目のカテゴリを以下のよう設定します。

image

OCN家計簿との連携

さて、上記の「家計簿Zaim」の欠点は自動引き落としになっている公共料金やクレジットカードの利用履歴は手書きで入力しなければなりません。

そこで、クラウド家計簿であるOCN家計簿を利用するなら、「家計簿Zaim」のデータを自動でインポートして、提携している銀行口座やクレジットカード利用履歴と収支合算できます。家計簿を集約できるわけですね。「OCN家計簿」に関しては以下を参照。

「家計簿Zaim」のデータを「OCN家計簿」に自動インポートするためにサービスを連携させるための手続きは、ログイン後のトップページから左の「サービス連携 Zaim」をクリック。

image

アプリで登録したメールアドレスとパスワードを入力。

image

するとすぐに連携して「OCN家計簿」のデータに「家計簿Zaim」のレシートデータがインポートされました。

image

家計簿リストの詳細でも上記で入力した細かい購入リスト(費目)が確認できますね。

image

以上、家計簿をなるべく手抜きして記帳する方法でした。

OCN家計簿を利用するなら「家計簿Zaim」のレシート読み取り機能は重宝するはずです。縦長のレシートを正確に読み取ることができる工夫も見られます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事