ロシアであの巨大隕石が引き上げられた!表面が熱で溶けていたよ

スポンサーリンク

今年(2013年)2月15日にロシアのチェリャビンスク州に落下した隕石が、チェバルクリ湖の湖底から引き上げられました。重さが約570kgです。一部表面が熱で溶けていることが確認できます。

ロシアでチェバルクリ湖で引上げられた隕石

当時は日本でも大ニュースでNHKをはじめ民法のニュース番組でも大きく取り上げられました。元は直径17mもの大隕石が大気圏を突破して地上に落下する様子が鮮明に撮影された数少ない貴重な映像です。

2013-10-17_14h57_28

その落下はすざましいものでした。まばゆいばかりの閃光を発しながら落下の直前に爆発、その衝撃によって1000人以上の人が負傷を負ったほどです。

砕けた隕石で最も大きな部分は、当時氷で覆われたチェバルクリ湖に直径6mの穴をあけて湖底に沈んでいたのです。

2013-10-17_14h40_51

今回その隕石を湖底から引き上げることに見事成功。表面一部、高熱で解けていることが確認できます。

2013-10-17_14h38_24

元のサイズは直径約17mもの大きさだったとは思えないですが、採取できた隕石としては超一級のものになるとか。

これから始まる科学的分析によって、隕石そのものから太陽系に関する興味深い事実が浮かび上がるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事