「屋台ラーメン」(マルタイ)おいしい作り方の秘訣とは?ゆで方にあるぞ!

スポンサーリンク

インスタントラーメンの王様はマルタイの「屋台ラーメン」ですよね。なんと40年の歴史があり、インスタントラーメンの代名詞にもなっている。私も父の世代から受け継ぎ38年以上も食べ続けています。マルタイの「屋台ラーメン」のおいしい作り方

最近では揚げ麺のインスタントラーメンの工夫した様々な食べ方がテレビ番組などで紹介されていますね。野菜をいれて具だくさんにして、栄養価を高めるのが多いようです。しかし

  • マルタイ「屋台ラーメン」の一番おいしい食べ方とは?

マルタイ「屋台ラーメン」の一番おいしい食べ方

マルタイの「屋台ラーメン」の作り方は袋の

押しも押されぬマルタイの「屋台ラーメン」の一番おいしい食べ方とは一体何だろうか?

ヒントは:マルタはこれを思考錯誤によって、開発し、しかも40年以上も食べ続けられているとぃうものだ。

したがって、その揚げ麺やスープの粉末は考えに考えられているとんこつあじの最高傑作なのである。

したがってマルタイの「屋台ラーメン」の一番おいしい食べ方は、一切手を加えずに食べることだ。ネギ以外の調味料を加えたり、栄養価を上げるために野菜を入れたりすると、味はかなりの程度落ちるのだ。

ゆで方

しかし、ゆで方だけは「屋台ラーメン」の袋にあるとおりにしてはならない。確かに3分きっかりは忠実に守るのが、

ゆでるお湯はたっぷりで、ゆであがったゆで汁は捨てるべし!

もともと『屋台ラーメン』に限らず、揚げ麺は石膏のようなもので固められているそうだ。ですから、画像のようにゆで汁は白く濁るのだ。 ゆで方だけは「屋台ラーメン」の袋にあるとおりにしてはだめ。
ゆで方だけは「屋台ラーメン」のスープ ですから、ゆで汁に決してスープをいれてそれをスープにしてはなりません。
ゆで汁は捨てて、適量の熱湯で溶かした粉末がすでに入って丼に移すのです。 「屋台ラーメン」をゆでたスープは捨てるべし

そうです、まさにラーメン屋のように、スープの中にゆであがった麺をいれて、最後にラー油や上乗せするネギなどを入れます。

「屋台ラーメン」の最高のおいしい作り方

これは「屋台ラーメン」究極のおいしさを引きだす方法として、多くの人が見とています。つまり即席ラーメンはすでに膨大な研究費と時間がつぎ込まれた傑作なのですから、手を加えずに、袋や箱の裏面の「作り方」にあるとおりにしたほうがいいのです。(ちなみに市販のカレールーでカレーライスを作る時もしかり)。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事