「オッカムの剃刀」(思考倹約の法則)で説明すればブログ記事も分かりやすくなるぞ!

スポンサーリンク

剃刀(かみそり)で不要なものをそぎ落とすと真実が見えてくる」。これは嫁のムダ毛剃りでも、私の毎月の散髪でもありません。人生の法則です。

「オッカムの剃刀」別名「思考倹約の法則」とは?

イギリスは中世のオッカムという修道士が提唱した考え方だそうです。朝日新聞2010年8月21日朝刊によるとこの「オッカムの剃刀」別名「思考倹約の法則」が次のように端的に説明してありました。

「ある事柄を説明するのに必要以上の前提をすべきではない」

どうやら、この「オッカムの剃刀の法則は職場や人間関係、はたまたブログのコンテンツ作成でも使えそうでうす。

「オッカムの剃刀」

「課長の話は分かりにくい!部長のほうが分かりやすいプレゼンをする!」などという社員同士の会話が聞かれることがありますね。

仕事のプレゼンで使える「オッカムの剃刀」別名「思考倹約の法則」

どうやら分かりやすい話は、この「オッカムの剃刀」の法則が適用されているようなのです。

この「オッカムの剃刀」法則は、前置きや前提は必要最低限で済ませることで、より分かりやすい説明(真実の提示)ができるというわけです。

この「オッカムの剃刀」の科学に応用されているようですが、人間関係い欠かせないコミュニケーションや、上記のように仕事でのプレゼンに適用しやすいようですね。

スポンサーリンク

ブログ記事を分かりやすいものに!

「ブログ記事は長ければ検索エンジンにヒットしてもらえるからできるだけキーワードを意識して文字を沢山書くように!」というアドバイスなるものが巷で出回っているようですが、それによって「この記事はいったい何をいいたのだろうか?」という読者の反応があれば本末転倒ですね。

導入の言葉は短く、前提も短く、タイトルにそった本論に入るように心掛けたいですね。

この「オッカムの剃刀」の法則にかんする詳しい著書はオッカム哲学の基底にありました。

次に剃刀をつかって肌の手入れをするときは、この「オッカムの剃刀」の法則を思い出すようにしたいです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事