NHK紹介の「オイラーの贈り物」は数学ブームの火つけ役!

スポンサーリンク

今日のNHKクローズアップ現代では中高年の男性の間で数学が流行している背景が取り上げられていました。高校数学を基礎として「オイラーの公式」など、現代数学の頂点の公式にたどり着くことは、まるで世界最高峰のエベレストにふもとから自らの足で一歩一歩上り頂上まで辿り着くような快感や満足感を得られるそうです。

image

たとえばピタゴラスの定理「a2×b2=c2」は20ほどの小さな数式のの積み重ねで証明できるそうです。(わからんな~)

では、オイラーの公式「e=-1」はどうでしょうか?大小数千の定理の積み重ねによって導けるようです。これを70日間で学べる教科書「オイラーの贈り物」は今かなり売れているとNHKの番組の中で取り上げられていました。image

いかにして問題を解くか」(丸善出版)という本は1945年発刊以来、100万冊売れた本として有名で、いまだに売れ続けているそうです。その本の中ではしばしば読者に問いかけられている言葉は「あなたはこれと同じような問題を知っているか?」です。つまり自分の知っている同じような問題にレベルを落として、それをステップに難しい問題を解くヒントを自ら編み出すように読者を訓練する仕掛けになっているようです。image

私も最近、中学校、高校の教科書、さらに物理の教科書を手に入れて勉強しなおし、アインシュタインの一般相対性理論をどうにか数学的に理解してみたいという考えに取りつかれています。

番組で紹介されていた書籍は オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ (モバイルからは ⇒オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶや、 いかにして問題をとくか (モバイルからは ⇒いかにして問題をとくか(丸善出版)からどうぞ。新品は在庫切れになっていることもありますが、その場合でも注文は可能のようです。しかし少し高めですが新品同様の中古品は在庫している場合もあります。急がれる方は中古品のほうが確実かも。

(モバイルからは ⇒ (モバイルからは ⇒
スポンサーリンク

フォローする

関連記事