何が学べる?早稲田大学3年の坂口綾優さんとは?Google+で日本一になった理由から得られる教訓とは?

スポンサーリンク

私は「継続は力なり!」を長きにわたってブログ運営のモットーにしてきました。それは間違いでないな~!と感じることができた話題の人物情報が飛び込んできました。その話題の女性は、坂口綾優さん(早稲田大学3年)です。なんと後発ではありますが恐ろしく会員を増やしているSNS「Google+」で日本一位の被サークル数(21万)を抱えるのが彼女なのです。

では一体 坂口綾優さんとはどんな方?彼女がGoogle+で日本一になった理由から学べる就活やブログ運営で成功する秘訣とは?

image

坂口綾優さんとは?

今日ネットの中で最も注目を浴びている、いやソーシャルサービスの会社経営者も目を付ける、坂口綾優さんとは一体どういう女性なのでしょうか?

現役の早稲田大学3年で、真剣に社会人として巣立ちたいと願っている人のようです。彼女は、日本が現在「就職氷河期の時代」にあって、生き残りをかけてまだ3年生でありながらすでに「就活」に取り組んでいるようなのです。nanapi Web

Google+で日本一になった理由

しかもその「就活」はソーシャルネットサービスを用いたもので、自分の成長の過程を細かく日記にするという戦略を取っていらっしゃいます。しかし始めはは簡単にお気に入りの「iPhone」のカメラ機能で写真を上手に撮るとことから始められました。彼女いわく、写真は「撮るのも撮られるのも嫌い」らしいのです。しかし今では、かなりのフォトテクニックを身につけていらっしゃいます。Aya Sakaguchi – Google+

ではなぜ「嫌い」なことから初めて、Google+で被サークル数が日本一になるほどフォロワーを増やし続けることができたのか?

「就活でしゃべれることがないんです。好きなこととか、何もなくて。何も好きじゃないし、何もできないから、流行ってることとか、これから“来そう”なことをやろうと。目標に向かって努力した経験や、自己PRが求められた時、なにか印象に残ることが言えたら」

今年2011年3月以来、その「流行りそう」ではあるが「嫌いな」写真撮影技術を向上させよと、様々な題材を撮影して続け、その過程となる写真を7月からGoogle+でアップロードし続け、同ユーザーから反響を沢山もらっているのです。反響の中には海外からの外国語の褒め言葉なるコメントを沢山あるようです。

今では、ソーシャルサービスを運営する会社からの相談やオファーもちらほら舞い込んでいて、かなりの程度「就活」には自信が持てるようになったほど。

スポンサーリンク

成功する秘訣

ここまでの話で、彼女に興味が湧くのは当たり前ですが、同じネットユーザーとして、そこで終わらせたくないですね。以下にGoogle+で日本一になった早稲田大学3年の坂口綾優さんの成功の要因を私なりに並べます。

  • 嫌いだけど流行りそうなものをコツコツと継続する ・・・
    彼女は大嫌いだったのに、自分でノルマを課し1日1枚は必ずアップロードするために毎日朝早くから何枚も撮り続けているそうです。努力家です。
  • 人々の反応や意見を取り入れる ・・・
    書き込みやコメント欄の評価を真摯に受け止めて、フォトテクニックの技術を高めている。image

ブログ運営で役立つ点

以上がGoogle+で日本一になった坂口綾優さんの成功の秘訣だと思いますが、なんといっても注目キーワードは「継続」ですね。しかも流行(はや)ると分かったことは嫌でも「やってみる」ことが大切です。

私もブログの運営において、「興味がある」ものだけ書いていくことが中心ですが、それだけではなかなかな”仕事”にならず、自分にとってはどうでもいい話題でも、他の人には”ぜひ知りたい””問題を解決したい”と思っている人がいる話題と考えると、その話題を調査して記事にするモチベーションを保てます。

さらに坂口綾優さんの「人々の反応や意見を取り入れる」点でも学べますね。人気ブログやHPの記事の切り口や写真の用い方などはかなり参考になりますから。またコメント欄の書き込みに対しても、誠実に答えていかねばと考えています。

ネットユーザーに限らず、これから「就職活動」をして立派な社会人として旅立ちたいと思っている方は、今回のGoogle+で日本一になった早稲田大学3年の坂口綾優さんの成功の理由から、かなりヒントを得られると思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事