「ネズミの楽園」の実験は依存症への理解とそこから解放される方法を教えてくれた!可能な限り最善の環境を!

スポンサーリンク

ネズミの楽園の実験「ネズミの楽園」の実験を知っていますか?快適な環境で飼育されているネズミと、狭苦しいゲージという過酷な環境の中では、圧倒的に過酷な環境のほうが麻薬(モルヒネ)依存症に陥ったということです。(それを教えてくれたのは朝日新聞朝刊11月13日の勝間和代さんの人生を変える法則です。)

人間も依存症になりがちな人と、そうでない人とがいますが、どうやら環境が大きな原因のひとつのようですね。

  • 「ネズミの楽園」の実験は様々な依存症を理解するカギと解放の方法を教えてくれる

「ネズミの楽園」の実験は様々な依存症を理解

上記の記事によると、薬物中毒になりやすいのは、狭いゲージとい過酷な環境にあるネズミだったといことでした。様々な依存症に対処する方法は環境を変える必要がありますね。

人もアルコールや薬、喫煙などの習慣を持つ人は同じように環境が問題であることが多いようです。

特に興味深かったのは、上記の「ネズミの楽園」の実験結果をそのまま人間に適用できる調査報告が大阪大学の幸福度調査で明らかになりました。

それによると、「たばこを吸う人は、統計的に不幸だと感じている」とのことです。つまり不幸だから喫煙に走ったということになのわけですね。

スポンサーリンク

依存症からの解放

上記の「ねずみの実験」で明らかになったことは依存症からの解放にも応用できそうです。依存症をもたらしたと思われる当人の環境を分析し、変化した環境に身をおくことがカギとなるわけですね。

勝間和代さんも、30歳過ぎまでは、お酒などに依存していたそうですが、徹底的に生活環境を改善したり、人間関係を見直し、疲労やストレスをできるだけ軽減するように心がけることによって、依存症から解放されたそうです。

お酒などではなく、今では様々な依存症があります。ハイテックの時代、携帯依存症、ネット依存症をはじめ、ギャンブル依存症、借金依存症、恋愛依存症にそれとは知らずにかかっている人も多いそうです。(わたしはネット依存か?そんなことはないといいたいですが、否定する人こそ危ないそうです。)

依存症にかかると様々な大切なものをどんどん失う結果になりかねないので、是非改善したいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事