初めの「0.5秒」を大切に!新しい環境(学校、職場)で早くなじむための方法とは?「人は見た目が9割」

スポンサーリンク

春の時期、新しい学校、クラスや会社など、新たな環境に慣れるのを難しく感じる人は少なくありません。引っ越しなどすればさらに不安になりますね。ではどうすれば早くなじむことができるのか?20110327084156

肝心なのは、初対面の人に初めて合う瞬間の0.5秒を大切にすることだそうです。ベストセラーになった「人は見た目が9割」という本を書いた竹内一郎氏の言っていることがかなり参考になるかも!

なぜ「0.5秒」が大切?

竹内一郎さんという演出家について朝日新聞が掲載していました。彼はベストセラーになった 「人は見た目が9割 (新潮新書) 」 (モバイルからは ⇒「人は見た目が9割 (新潮新書)」という本を書いたそうです。

その竹内一郎さんがおっしゃるには、初めの「0.5秒」が大切と言います。一体何のこと?見かけで人は判断できないのは事実としても、初対面の人ははやり見た目から判断するとのこと。その初めの「0.5秒」で「友達になってもいいかどうか」を判断するそうです。20110327084235

これからほぼ毎日会うだろうと思われる人と初めて合う瞬間の「0.5秒」をたいせつにしましょうというわけですね。

スポンサーリンク

「0.5秒」で何ができるの

新しい環境で初対面の人に会う瞬間の「0.5秒」にいったい何ができるのでしょうか?それは挨拶(あいさつ)以外にはありません。つまり挨拶をどのようにするかでその新しい環境に早くなじめるかどうかが決まる かも知れないと言うわけです。

では挨拶をどのようにするか?「元気で明るく」が一番ではないでしょうか?いかんせん初めは緊張しているのでそれが難しいのです。では竹内一郎さんが勧めることは。鏡に向かって満面の笑みを浮かべて元気にあいさつする練習を沢山することだそうです。そうすれば実際に初対面の人と合う瞬間、多少緊張していても、上手に挨拶できるようになります。20110327084524

しかし彼は上手に笑えなくても不必要に心配するなと言います。「プロの役者でもは笑うのは・・・泣くより難しい」と。ですから多少ぎこちなくても、「0.5秒」の間に笑顔で元気にあいさつすることで「わたしと友達になってください」というメッセージを伝えることができるわけですね。

内向的で人見知りしやすい方や子供は、新しい環境をまるで地獄のように感じるようですが、このように初めの位「0.5秒」を大切にすることで、思った以上に早く新しい学校や職場などの環境になじむことができたらいいですね。

詳しくは以下の竹内一郎さんのベストセラー 「人は見た目が9割 (新潮新書) 」 (モバイルからは ⇒「人は見た目が9割 (新潮新書)」が役立ちそうです。

4106101378 (モバイルからは ⇒

スポンサーリンク

フォローする

関連記事