「フラックス世代」とは?過去の成功体験にとらわれずに常にイノベーションをはかり生き残りを!

スポンサーリンク

急に飛び込んできた言葉「フラックス世代」の意味を知ると、成功したいブロガーとして時代の変化に逆らうのではなく、むしろ柔軟に、しかも楽しく乗っかっていくことが大切と感じます。だれしも過去の成功体験の上に胡坐(あぐら)をかくのではなく、常にイノベーション(革新)を図っていくことが重要なんですね。

image

「フラックス世代」とは

ただ「フラックス」と聞けば、なんだか社交ダンス愛好家を差すイメージがありますが、まったく違いました。この「フラックス(flux)」とは「流動,流転,絶え間ない変化」を意味するそうです。

はじけたバブル以降の時代は不確実で、何が成功するのかが、ますます掴みにくい時代になっているようです。そこで一つのことにとらわれて成功しようと考えると、生き残ることはできなくなるようです。過去の成功体験が居心地よくて、そこから抜けきれずにイノベーションを計れないなら、ほぼ間違いなく沈没です。それは昨今の日本の家電企業を見れば分かります。イノベーションを計り続けた外国企業たとえばサムスン電子やアップルは生き残っています。

個人でも同じことが言えそうです。つねに変化する時代の波に抵抗するのではなく、むしろ楽しみながらその変化に付いていく世代、そしてイノベーションを計り続ける、それが「フラックス世代」というらしいのです。ダイヤモンド・オンライン

これは過去の成功体験にとらわれる個人には難しいかもしれません。「フラックス世代」は変化に順応、しかも楽しみながらそうする世代と定義されています。

image

またソーシャルネットワーキングの影響も否めないようです。その流れ(フラックス)を軽視する国家は転覆しているほどです。

ネットで成功したいと思うブロガーとして上記の「フラックス世代」が意味するところを肝に銘じておけば、何か良いことがありそうな気がします。

過去の成功体験の上にあぐらをかくのではなく、時代の流れに逆らわず、楽しんでそれに乗っていく余裕を持ちたいですね。

以前に次のような記事も書きました。参考までに:ブロガーの成長の妨げとは?「イノベーションのジレンマ」に陥らないために何が必要か?)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事