ブロガーとして成長するための26のヒントから「更新頻度」の大切さ、「なるほど」と感じさせる記事の書き方など

スポンサーリンク

ブログを毎日運営していゆくことは楽しくもあり、ストレスともなります。しかしどうせ続けるなら楽しくやりたいですね。「ブログを一歩前進させる26のポイント」という記事から特に学んだブロガーとして成長するためのポイントを選んでみました。image

ブログの更新頻度は安心感を与える

ブログ更新を仕事にしたい人は多いですが、楽しくなければほとんどの人には無理だと思います。では楽しくブログを運営してい行くためにはどうすればいいのか?一つにはブロガーとして成長することにあると思います。どのように分かりやすく信頼できるブログ記事を書いてゆくかに関して定期的に自己チェックが必要ですね。

そこで、ブログを一歩前進させる26のポイントは参考になりました。英語の元記事を翻訳したものですが、分かりやすかったですね。そこから私が今必要だと感じた2点を取り上げてみます。

1.定期的な更新によって読者を安心させる

これができないから苦しむブロガーも多いようですが、以下のようになっています。

読者の信頼を得るブログ、読者が期待しているブログの更新頻度は「定期的」「それなりに高い頻度」。対象となるテーマにもよるが(例えば家庭菜園の実践レポートを半日単位で更新しても、ほとんど変化が無い)、それでも「定期的」な更新は読者を安心させる。

ここでは定期的な更新は「読者を安心」感を与えるとになるとあります。私のブログは雑多なブログでリピーター(Googleリーダー登録者は200ユーザー程度)は一握りしかいません。

しかしその一握りのユーザーが読んでくれているなら、ブログを頻繁に更新してその「読者を安心」させる必要があるわけですね。

実はブロガーである自分自身も安心する効果があります。2,3日記事を書かないなかえって不安になることがあるからです。しかしヒットする記事をかけなくても、毎日書いてゆけば、とにかく前進していると感じるので安心するわけです。

image

2.「なるほど」と感じさせる。

2つ目に「読者のツボを突く」というブログ記事書き方が大切であるという点です。

読み手がどのような記事を読みたいのか、どのような情報を提示すれば「なるほど」「良かった」「面白い」と好感触を持つのかを考える。「ウケを狙う」では無く、「マーケティング」であることに注意。

記事を読んでいる途中で「なるほど」、記事を読み終わって「良かった」「面白imageい」と感じてもらえば本当にうれしくなりますね。

そのためには、ネタ元を自分なりに分析しして自分が「なるほど」とか、「面白い」などと感じるようになるまでサーチすることが必要ではないかと思います。

上記の2つはブロガーとして成長するための26のうち2つにすぎません。他にも幾つかチェックしておきたいポイントとしては以下の通りです。

  • 信頼性を高める
    「引用元の明記」
    「情報開示」
    「校正と編集」
    「注意を引くような『しかけ』」はNG
    「表記方法」・・・「て・に・お・は」に注意
    「専門家の意見」
  • 分かりやすい
    「見出し」
    「図解」
    「比較記事」
    「YouTubeの活用」 ・・・百聞は一見にしかず。
    「キーワード」
    「数字」をタイトルに
    「問いかけ」
    「読みやすさ」
  • その他
    「記事の定型化」
    「内部タグの最適化」
    「テンプレート」
    「日々精進」
    「コメント」・・・コミュニケーションツールとして
    「ハブとしての構築」

以上のような点をいつも見直してゆけばブロガーとして成長してゆくことは間違いなさそうでし、記事のマンネリ化を避ける点で大切みたいです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事