ユーチューブの映画レンタルの料金は旧作300円、新作400円!比較すると最安料金に!

スポンサーリンク

無料の投稿動画のなかで世界最大規模のユーチューブ(youtube)がとうとう映画の配信サービスを開始しました。日本国内対応の映画はこれから増えるようですが、料金的には業界最安値レベルで、お得感があります。

image

ユーチューブの映画レンタル開始

最近プラットフォームがガラリと様変わりしたユーチューブ(youtube)でしたが、この変更がまさに映画のビデオレンタルサービスの開始を念頭においていたことがよくわかりました。

日本でもサービスが開始されたこの有料の映画レンタルは、現在約200本の映画を有料でストーミング再生できるようになっています。気になるのは料金ですが、以下の通りです。

■ 新作ビデオ・・・一本400円
■ 旧作ビデオ・・・一本300円

視聴可能期間は購入から30日以内に視聴を開始し、視聴開始後は24時間~72時間であれば見放題だそうです。映画 – YouTube

この料金は、日本国内最大手のビデオレンタルのツタヤ(TUTAYA)のTV配信(ネット配信)と同程度となっています。ツタヤの新しいビデオレンタルプラン「TV配信+DVD・CD宅配レンタル」の定額サービスは以下の通りです。TSTUAYA DISCAS

■「定額レンタル4 スーパープレミアム」・・・月額1,680円でひと月4枚まで
■「定額レンタル8 スーパープレミアム」・・・月額2,940円で月最大8枚まで

これと比べるなら、ユーチューブの映画レンタルの新作(一本400円)は、「定額レンタル4 スーパープレミアム」(一本換算420円)より安く、「定額レンタル8 スーパープレミアム」(一本換算約368円)となっています。しかし、ユーチューブの旧作(一本350円)はそのいずれより安くお得になっています。

ビデオをひと月に8本以上視聴する方はツタヤのほうがいいですし、月に数本で暇がある時ぐらいしか視聴しないという方は、ユーチューブの映画レンタルのほうが手軽でいいですね。

無料配信の映画

映画のカテゴリの中をのぞいてみると、無料の映画がアップされています。

image現在は、「Life In A DAY」とう作品一本のみですが、これから随時増えることを期待したいですね。

image

なお、このユーチューブの有料動画配信サービスが日本で成功するかどうかは、ビデオ映画の品ぞろえを増やす必要がありそうでうす。現在では、以下の映画配信会社が参加しています。

■ ソニー・ピクチャーズ
■ ユニバーサル
■ ワーナー・ブラザース
■ 東映
■ バンダイチャンネル

そういえば、月額1480円の「フールー」(Hulu)というハリウッド映画やドラマの見放題サービスも日本で始まっていたな!レンタルビデオにどっぷりつかっている人はユーチューブよりHuluのほうがかなりお得であることは間違いありませんね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事