1日140万アクセスを記録したX RAIN(エックスレイン)のリアルタイム雨量情報が役立つ

スポンサーリンク

国土交通省が2012年に開設したサイト「XバンドMPレーダ雨量情報」、通称X RAIN(エックスレイン)には、中国地方の豪雨災害時に一日140万に上るアクセスが殺到したそうです。エックスレインの特徴は1分ごとに降雨量を更新していおり、ほぼリアルタイムの降雨状況を教えてくれるというもの。試験運転中にもかかわらずかなり活躍しているとか。XRAIN雨量情報 地域選択

image

下の画像は、エックスレインによる現在の様子です。赤で表示されているのは、1時間に50~100ミリ、紫は1時間に100ミリ以上の降雨を指示しています。つまり現時点で、かなりの豪雨です。

image

島根県もかなりの雨です。

image

主に地方自治体の防災対策として役立っているようですが、今回の山口などの豪雨災害時には一般ユーザーがスマフォからアクセスし、個人として降雨情報を収集、対応を練っていたようです。

とはいってもこのエックスレインは、スマートフォンでの表示に最適化されていません。image

現時点では試験運用かもしれませんが、是非ともスマートフォンに対応させたり、専用アプリとしてリアルタイム雨量情報を提供し、個人としての防災対策にマッチしたものになればいいですね。

なおエックスレインの利用上の注意として「ツール等による、自動的なデータ収集等はサーバに負荷がかかり、情報提供できなくなる恐れがありますのでご遠慮頂くよう、ご理解・ご協力お願いいたします。 」とありますので、今のところサードパーティーが2次利用するのは難しそうです。

追記:2013年7月22に日本気象協会から「XバンドMPレーダ雨量情報」(エックスレイン)を利用した、アプリがリリースされていました。

Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ- 1.0.0(無料)(変動あり)
カテゴリ: 天気, ライフスタイル
販売元: 一般財団法人 日本気象協会 – Japan Weather Association(サイズ: 11.9 MB)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事