Windows8を待たずにノートPCを買うべき3つの理由とは?だったらやっぱりDELLかな?

スポンサーリンク

Windows8が10月末から販売されるようですが、それを待ってノートPCを買うべきか、その前に「7」搭載のノートPCを購入すべきか迷っている人が多いとのこと。実は先に購入したほうがいいようだ。その3つの理由とは?それだったらノートPCの条件は?私はやっぱりDELLかな?

image

Windows8を待たなくても良い3つの理由とは

電子機器市場はスマートフォンが優勢になって、ノートPCの売れ行きが悪くなっているという報道がなされています。その分ノートPCが安くなっているわけですが、今購入しようかどうかを迷っている人も多いとか。なぜなら2012年10月末にWindows8が発売されることになっているからですね。「Windows 8」の発売日は?開発は夏に終え10月末に発売!PC買い替え時を模索中!

しかしどこかのサイトの記事ではこの時期に購入するのがお得であるとされていました。理由としては、以下のとおり。

  1. 「Windows 8」前評判の良さで、「8」発売と同時に買い控え組が一斉に買いに走ってノートPCが高かめになる。
  2. 現行のノートPCのスペックで「Windows 8」は十分走る。
  3. 「7」から「8」へのアップグレード料金は格安である。(DL版は39.99ドル)

なるほど、やっぱり「Windows 8」の発売前の今、ノートPCを買うほうがいいみたいですね。

必須スペック

こうなると、欲しいノートPCのスペックを確認しておく必要があります。

■ SSD(故障が少なく衝撃に強い、しかも速い)
■ Core i7
■ DVD

この程度でいいでしょうね。ゲームはしないので外付けGPUは必要ないし。

それで数あるノートPCの中でも、やっぱりDELLが一番いいかなと思い、上記の条件で探して、見積もりしてみました。

まず、「XPS 14z」ですが、

オプション
■ OSリカバリDVD+1050円
■ 3年間スタンダードサービスプラン+17,850円
■ Office Personal 2010 (プリインストール版) +15,750円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
を合計すると・・・119,630円 なりです。

image

image

image

次に「Inspiron 14z Ultrabook」(P2目)ですが、少し高めになっています。

image

オフィスなしでも、12万円になる計算です。ちょっと高いな!

256GバイトSSD+外付けGPUでも10万円台:「Ultrabook市場でナンバーワンを目指す」――デル、6万円台の14型Ultrabook「Inspiron 14z」を発表 (1/2) – ITmedia +D PC USER

以上が「Windows8」発売前のこの時期のノートPC購入の模索の記録でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事