Windows8へのアップグレードの手順!万が一に備えデータバック、USBへ保存したり、ドライバーとか・・・

スポンサーリンク

やっとWindows7に「さようなら!」を告げ、Windows8へアッグレードを済ませました。かなり不安がありましたが、無事に終了しました。注意点はリ「カバリーメディア作成を忘れずに!」です。それとドライバーもね!ではアップグレードの詳細な手順とは?

image

お得なアップグレード

最近Window7を購入された方は、1200円でWindows8の優待購入プログラムを利用可能ですが、そうではなくても「XP」「Vista」「7」から3300円程度でアップグレード可能です。2013年1月31日までの限定版です。

手順はアップグレードならすべて一緒です。以下は購入したDVDからではなく、ダウンロードしてアップブレードする方法です。(不安な方は少し高めですが、再インストール可能な 発売記念優待DVD版をおすすめします。)

パソコンの対応確認

まだ、アップグレードしようとしているパソコンがWindows8に対応しているかどうかを確認していない方場合は、Windows 8 へのアップグレード – Microsoft Windows から。

注意)

USBメモリにリカバリーデータを保存する場合、大切な注意点は以下の通りです。とおおりです。

Windows 8 アップグレード ファイルのダウンロード時に作成したリムーバブル メディアから PC を起動した場合、アップグレード時にアプリ、Windows の設定、および個人用ファイルを保持できなくなります。

でも大丈夫です。アップデートを進めていくと、USBやDVDにリカバリーデータを保存する方法が出てきます

準備

プロモーションコードをメモ

では早速アップグレードを始めますが、Windows8の優待購入方法と条件とは?最近Windows7搭載ノートPCを買ったけどで申し込んだ時に、マイクロソフトから送られてきた、プロモーションコードをメモっておく必要があります。

image

ついでに、リカバリーメディア作成のために、DVDやUSBメモリ(3G以上)を用意しておきます。

image

アップグレードは、ソフト(Win8で動かせるもの以外は途中でアンインストールの案内が表示されます。)やデータはすべて引き継ぐことができますが、念の為にデータをバックアップしたい方はWindowのコントロールパネルから「バックアップと復元」に進めてバックアップをとっておきます。

image

PCメーカー各社のWindos8専用ドライバーの確認

さらに忘れてはならなないのは、各PCメーカーのWindows8用ドライバーの確認です。アップグレード後にこれを行っておく必要があります。http://www.windowsupgradeoffer.com/ja-jp/OemDriversから各社が設けているWin8の案内ページ一覧です。

たとえば、Dellなら以下のとおり。

image

PCはマウスコンピュータなので

Windows(R) 8 優待購入プログラムのご案内 | パソコン・BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューターからです。

パソコンの型番やシリアルナンバーから情報を入手しておきます。

image

image

DVD再生のアップグレード・ファイルを申し込む

最後にディフォルトでDVDビデオを再生できることができるようにしなければなりません。しかし期間限定で Windows 8 Media Center Pack を無料で入手します。以下を参考に。

知ってた?Windows8はDVDが再生できないらしい!1月31日までの無料キャンペーンで再生可能に!に書いているように機能の追加 – Microsoft Windowsで無料でアップグレード可能です。2013年1月31日までです。

image

アップグレード手順

では準備も終わったところで、早速アップグレードです。その前に!名残おしく、Window7の記念撮影です。

image

アップグレード開始

いよよこちらから始めます。Windows 8へアップグレードをはじめる

image
前OSやアプリケーションの互換性チェックです。

image

image

互換性チェックはかなり細かいですね。

image

引き継ぐ項目は言うまでもなく、「Windowsの設定、個人ファイル、アプリ」すべてですね。

image

おっと3300円です。(優待プログラムは後述のように1200円に表示が変更しますので安心!)

image

請求先はあなたの情報です。

image

次にクレジットカード情報を入れて、右の欄にメモで準備しておいた「プロモーションコード」を入れます。

image

2100円引きで、優待プログラム適用料金になりました。ほっ!

image

めでたくWindows8注文確定でき、プロダクトキーが発行されました。これもメモ。

image

領収書を発行して、青色申告で使います。

image

Window8のダウンロード開始です。

image

ここでリカバリーメディアを作っておきます。

image

USBか、DVDを選択します。

image

メディア内のデータはすべて削除されますよ。

image

改めてプロダクトキーが表示されました。それをUSBまたはDVDに直接メモしておきます。どうせ持ち出さないから大丈夫です。

image

ではインストールです。上記のメディからWindow8のセットアッププログラムをクリックします。(Setup.exeです。)

image

「オンラインで今すぐ更新プログラムをインストール(推奨)」をクリック。どうやらネット接続が条件のようです。

image

メモしたプロダクトキーを入力。(手書きメモが基本です。)

image

熟読して、同意します。(ライセンス条項は膨大です。)

image

「Windowsの設定、個人ファイル、アプリを引き継ぐ」をクリック。

image

image

Intel(R) USB 3.0 eXtensible Host Controller Driver

このアプリは Windows 8 と互換性がないため、今すぐアンインストールしてください。

これは使えないらしい!従順にアンインストールします。

image

image

ここで再起動を余儀なくされて、ふたたびUSBからWindows8のインストール手順を再開します。つまりUSB(またはDVD)からSetup.exeを立ち上げて、プロダクトIDを入力します。

image

「今度こそWindows7よ、本当にさようなら!」です。と思ったら、結構早めに「Window8さん!こんにちはになりました。」これがWindows UIというやつです。

いつものデスクトップはどこ行った?どうやタイルの左下がそれっぽい!クリック。

image

ひとまず、Windows7の遺産であるデスクトップは表示できました。

image

PCに合わせてドライバーをインストール

Windows8のインストールだけでは、不具合が生じます。上記で入手したPCに合わせたWindows8専用ドライバーをすべてインストールします。

このPCの場合は、マウスコンピューターなので、LB-F310シリーズ アップグレード用 Windows8 64bit 用デバイスドライバ からドライバーを検索して順にすべてをインストール。

image

image

さて、システムのパフォーマンスは向上したのでしょうか?Windows7時代が以下です。

image

image

グラフィックスのパフォーマンスが下がっている。Windows UIの「ライブタイル(Live Tiles)」のせいか?

image

以上がWindows8へのアップグレードの手順でした。このPCと同じ環境の方はかなり参考になると思います。(画面したがってそのまま進むだけですが・・・。)

Windows8のUIに慣れるまでに大変そう。(Windows8発売記念優待DVD版

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事