WiMAX版で「ガラパゴス」復活!「GALAPAGOS EB-A71GJ-B」のテザリング機能は一押しだが価格と料金が気になる

スポンサーリンク

シャープが独自のプラットフォームでタブレットPC市場に仕掛けたメディアタブレット「ガラパゴス(GALAPAGOS) 」ですが、イーモバイルに続き「UQ WiMAX」からも発売することに決まりました。PCやゲーム機を最大7台までWi-Fi接続できるテザリング機能はかなりお得です。

image

WiMAX版の「ガラパゴス(GALAPAGOS)」

すでに今年の8月から、Android版に様変わりし長いものに巻かれてしまったシャープ製のタブレットPC「ガラパゴス」はイーモバイルで発売されています。

ここに及んで、KDDI陣営の最速3GであるWiMAX(ダウンロード最大40Mbps)を提供する「UQ WiMAX」からも、最新の「ガラパゴス」が登場することになりました。型番は「GALAPAGOS EB-A71GJ-B」です。

image

高スペックなタブレットPC

この端末はもちろんタブレット用のOSであるAndroid3.2を搭載しており、高スペックです。CPUはデュアルコア、カメラも背部に500万画素、前部に200万画素を2機搭載しています。通信はWiMAXに加えて、Wi-Fiや簡易通信のBluetoothも標準搭載です。センサー類は加速度センサー、ジャイロセンサー、方位センサー、照度センサー搭載で、位置に特化したAndroidゲームアプリも十分楽しめそうです。

ガラパゴスはもちろんメディアタブレットですから、電子書籍を簡単に購読、快適に閲覧できるように4万冊を品ぞろえする「GALAPAGOS STORE」(ガラパゴス ストア)と連携しております。

スポンサーリンク

テザリング機能

また今スマートフォンで話題のテザリング機能も付いています。つまりガラパゴスを無線ルータのように利用でき、Wi-Fi接続で最大で7台のPCやゲーム機、WiFi対応のテレビをネット接続できるので、家庭のブロードバンドが不要になり家計が浮きそうです。

image

頼りがいのある高スペックですから、動画もコマ落ちなさそうですよ。アプリは日本の端末らしく始めから有用・無用にかかわらず沢山プリインストールされています。ビジネスに役立つアプリ類が満載。

image

image

価格と月額利用料金

さて、このWiMAX対応のメディアタブレット「ガラパゴス」の価格と月額料金体系はどうなっているのでしょうか?UQ WiMAX

image

上記のように、2つのプランがあるようです。

  • まとめてプラン・・・ガラパゴス本体は4,800円と格安。しかし2年間の利用料金は月額5,500円、3年目からは月額3,880円。
  • 一括払いの通常プラン・・・ガラパゴス本体は44,800円で、利用料金は始めから月額3,880円。

支払いトータルはどちらもほとんど変わらないようですから、はじめから2年以上使うつもりの方はどちらでもいいかもしれませんね。

今回のこのWiMAX対応の「ガラパゴス」(GALAPAGOS EB-A71GJ-B)の購入を考えている方はすでに、多くの通信機器を持っている人が多いでしょうね。しかしWiMAXの3G回線は家庭のブロードバンド回線に匹敵するので、ガラパゴス機能のテザリング機能で自宅のPCのネット接続をして、ブロードバンドはやめてたら経済的に助かる(節約)かもしれませんね。是非、WiMAX版のガラパゴスが欲しい方は検討の余地ありです。発売日は12月9日です。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. ITest より:

    片手級で欲しいのは、書籍よりもタブレットPC。汎用情報ツールの役目。ガラパゴスは別物だったが・・・それが一気にジャストスペック高速WIMAXのベストツールに化けるとは。ゲームだkrじゃしょうもないけどビジネスツールとしても実用的。それに書籍が読めてこその高付加価値。さらにテザリングOKなら二重払いも圧縮できるのが大きい。スマホじゃ見難いし、いざというとき電話も心配な日々と来れば、電話メール小事は携帯、情報ツールはガラパ、ガラパ通信で自宅本PC。完全に不足解消、有効体制樹立。あとは通信更新やアプリで息の長さを示せばコンパクトタブレット世界一の地歩確立も直近。この分野Ipadに勝利確実。まず考え得る限り初の完璧です。