IE「Webスライス」の使い方は意外と簡単!価格の変動や金融指数のリアルタイム更新の即時確認に使える!

スポンサーリンク

マイクロソフトのブラウザ「Internet Explorer」(IE)には「Webスライス」と呼ばれるアドオンがあり、ニュースや価格情報、金融指数などを「お気に入り」バーから瞬時に確認したい場合にかなり便利です。

image[11]

  • では、「Webスライス」機能とは?
  • 対応しているWebサイトは?
  • 使い方は?

「Webスライス」機能とは

このIEの機能「Webサイト」はこれから対応するサイトが増えてゆくと思いますが、ウエブサイトの一部分だけを「お気に入り」バーから即時に確認することが可能です。

たとえば、Infoseek マネーでは日経平均や為替情報がほぼリアルタイムで表示されていますが、「Webサイト」を使えばそのページすべてを表示して無駄な時間やデスクトップを無駄に利用する必要がなくなります。

スポンサーリンク

対応サイト

対応しているサイトはInternet Explorer ギャラリーで確認できます。一番使えるのは、金融指数などの投資情報、天気予報、ヤフーオークションの入札状況などがあります。サービス内容としては以下の通りです。

・ニュース
・天気予報
・芸能ブログニュース
・投資情報
・オークション
・価格比較情報
・検索ランキング情報
・テレビ番組

使い方

「Webサイト」の使い方は簡単です。Internet Explorer ギャラリーで気になる「Webスライス」をクリックすれば、「お気に入り」バーに一発で追加されます。

image[2]

また、対応サイト上でも一発でWebスライスを追加することは可能です。たとえば「Infoseek マネー」の一部のコンテンツ「日経平均株価」欄はWebスライス対応になっていますが、その左上にカーソルを当てると緑色のアイコンが表示されますので、それをクリックして、ポップアップの「お気に入りバーに追加」をクリックします。そうすると自動的に追加されます。

image[5]

Webスライスの表示をしたい時は、「お気に入り」バーの該当ボタンをクリックするだけです。左下の「→」でそのページ全体をブラウザ上に表示させたり、「Web」スライスで表示された情報を最新のものに「更新」できるボタンもあります。

image[8]

さらに「お気に入り」ボタンを左クリックすると、更新時の「設定」を変更できます。

image[14]

これから「Webスライス」がどの程度普及するか分かりませんが、ガジェット表示やRSSリーダーで更新情報を確認するのに飽きた人は一度は使ってみるのも面白いと思います。個人的には天気やテレビ番組の「Web」スライスは使えると思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事