PDFをWebページに埋め込み表示させる方法

スポンサーリンク

万能ドキュメントファイルであるPDFをWebサイトに埋め込みダウンロードさせることは簡単ですが、ユーザーにとっては2度手間です。でもWebページを開くだけで埋め込み済みPDFもページ内で読めるように表示さておけばユーザビリティが向上します。その方法の一つとして Google Docs Viewer を利用する手があります。以下にメモ。

image

Google Docs – Viewer の使い方は簡単です。

  1. PDFのURLを記入
  2. アンカーテキストを記入
  3. 「Generate link」でHTML作成
  4. 埋め込みタグをWebページにコピペ

image

これが実際に<iframe>表示した例です。

実際の表示領域の大きさを変えるにはコードの width や height の数値を変えるだけです。

<・・・width="600" height="780"・・・・・>

こんなに簡単にPDFをWebページに表示させることができました。

なおWordPressでは Google Docs Viewer 専用のプラグイン WordPress › Embed PDF « WordPress Plugins があります。使い方は簡単で、PDFのURLを専用タグ URL ではさむだけ。

以上、WebページにPDFを埋め込みダウンロードせずページ中に表示させる方法でした。

なお、Google Docs Viewer は現時点で2010年版となっており、更新されているかどうかは不明。いつ終わっても不思議ではないツールかもしれませんのでご注意を。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事