2014年01月27日のGoogleロゴはウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュク あのノートルダム大聖堂を設計

スポンサーリンク

今日のGoogleロゴは19世紀フランスの建築家である ウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュク でした。彼はあの有名なノートルダム大聖堂の設計を手掛けた偉大な建築家だったのですね。

2014年01月27日のGoogleロゴはウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュク

数々の小説や映画に登場する世界有数の大聖堂ノートルダム寺院。この歴史的建造物を設計した ウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュク が2014年01月27日(今日)のGoogleロゴのモチーフになっております。ウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュクが手掛けた大聖堂ノートルダム寺院

この建築家はヨーロッパ中世のお城の特徴を備えているピエールフォン城の設計でも有名です。今日のGoogleロゴはどうやらこのお城をテーマにしたようですね。おとぎ話に出てくるような実にメルヘンチックな城です。 ジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュクの設計したピエールフォン城

ウジェーヌ エマニュエル ヴィオレ ル デュク は芸術家に多い少々型破り的な気質があったようです。

絵画に早くから才能を示したが、フランスの正統的な建築教育機関エコール・デ・ボザールを「建築家を鋳型にはめ込むもの」と批判し、入学を拒否。その後はフランス各地を巡り、中世建築のデッサンなどに励む。また、デッサン学校で教授代理として教鞭を執る。・・・古典建築の傑作を賞賛するも、古典様式をフランスの風土や慣習を考慮せず無批判に再現しようとするボザールの姿勢に改めて疑問を持つようになる。そして改めて、母国では無視されている中世ゴシック建築への敬愛を深めていく。– Wikipedia

改めて偉人とされる人の特徴を垣間見ることができました。固定観念や習慣に囚われては行けませんね。

Googleロゴに関する記事は久々です。以前はGoogleロゴの記事を書いたら数千PVと跳ね上がり、サーバに負荷をかけ過ぎ表示されなくなっていたものですが、最近ではGoooleランキングでは3~4P以降。書くだけ無駄のように感じていました。しかしPV狙いのブログ運営は続かないので、初心にもどりGoogleロゴについて書いております。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事