TypePad Microの新しい無料ブログを使ってみました。TwitterやGoogle Analyticsとの連携は使える!

スポンサーリンク

TypePadの無料ブログサービス「TypePad Micro(タイプパッド・マイクロ)」が日本でも開始されましたね。さっそくこの「アマモ場」の出張ブログを作ってみました。この「TypePad Micro」のいいところはTwitterと強力な連携で、TypePad Microへの投稿と同時にTwitterにも更新を通知できるようです。すごい!サテライトにはもってこい!

TypePad Microへの登録

まず、TypePad でユーザー登録します。(自分の登録したいアドレスはほとんど登録済みと出てきました。なぜ?とにかくパスワード再発行を依頼して、パスワードを設定しなおしました。)

 

TypePad MicroとTwitterの連携

名前とメールアドレスは、Twitterと同じものにします。

ログイン後、クイック投稿フォームから初投稿してみます。その際、Twitterへも更新通知をするために、twitterをプラスします。そうすると、Twitterの登録アイコンが左に表示されます。

TypePad MicroとTwitterの連携がすごい

右上にツイッターへの投稿通知するかどうかが現れ案すので、チェックを入れます。その後、公開ボタンで投稿します。

TypePad Microの設定

ブログの設定はダッシュボードの「ブログ管理」の中の「設定」から行います。この設定は、他のブログサービスとほぼ同じですが、「通知」と「アドオン」が特徴です。

TypePad MicroにWidow Live Writerから投稿可能でした。

通知には、Twitterのアカウントと連携する設定にしている場合は、投稿と同時にTwitterへの更新通知をするかどうかのデフォルト設定ができます。

また、アドオンではなんと、Google Analytics にこのブログを登録して、UA番号を入力すれば、タグをテンプレートに挿入することなしにアクセス解析できるようになります。すごい

当然、メール投稿や、既存のTypePad、Movable Type、WordPressの記事をインポートでき、ブログの引越しが簡単にできます。

Windows Live WriterでTypePad Micro経由でTwitterに投稿

Windows Live WriterでTypePad Microへ投稿できることが確認されました。設定はWLWのブログアカウント追加で、TypePad Microの自分のブログのURLを入れて、TypePad MicroのIDとパスワードを入れるだけです。あとは、テンプレートまでダウンロードしてくれます。

これを使えば、TypePad Microの経由でTwtterにも投稿できる裏技が使えますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク