Twitterで売り上げ上昇の寿司屋さんから見るロングテール理論を用いた集客方法とは「親しみ」だった!

スポンサーリンク

すでに企画が終わっていますが、Twitterでかなりの宣伝のをして、売り上げを上げている寿司屋さんがいたようです。フォロワーの数だけ割引したそうだ。あるブロガーは3000円引きだったという!司屋さんが採用したTwitterを使ったロングテールの宣伝方法

その寿司屋さんが採用したTwitterを使ったロングテールの宣伝方法はこれから都市部、地方でかなり使えるかも!その寿司屋さんが採用したTwitterの宣伝戦略を分析してみた。それは割引ではなく、「親しみ」をいかに感じてもらえるかだった、。

Titterを用いた宣伝戦略

ひとまずその寿司屋「すし処さいしょ」の戦略を簡単にまとめたい

握り寿司は誰でも好きでTwitterでロングテール理論で勝負

好物が割引される

割引はだれでも惹かれるのではないでしょうか。不景気続きでかってなく「節約」志向になってきた今だれでも反応しますね。最大の宣伝効果です。

外れなしの商品

握り寿司は誰でも好きで、回転ずしなら月に一度、寿司屋は一年に一度程度が一般庶民の楽しみではないか。

最大の宣伝はリアルタイムのツイートによる親近感 効果

寿司ネタ仕入れのは実況中継をTwitterで宣伝。 Twitterのフォロワーの数だけ割引と宣伝して興味を引き付けおき、来店したことのないお客さんに実際に来店してもらうためには何が必要だろうか?それはリピーターが持っている親近感を持ってもらうことではないでしょうか?寿司屋さんの千っ略はすごい!

つまり、寿司ネタの仕入、仕込みの実況中継をTwitterでしていたのだ。たとえば、「このすみイカはすごい」、「このイサキは最高」などと。

だれもが寿司屋さんを身近に感じるのではないでしょうか?入ったことのないお店、とくに寿司屋などはいったん中をのぞくと出られないという圧力がかかるものだが、親近感を抱いていれば、速やかに席につくだろう!

ロングテール理論とTwitter

これから益々、Twitterが宣伝媒体としての利用価値が高まることでしょう!大規模な広告掲載料を支払える大手の企業だけでなく、今回の寿司屋さんのような小規模の小売店、販売店、飲食店にも素晴らしい宣伝ができるのは、Twitterならではである。

インターネットが生み出してきたロングテール理論とTwitterは、地方の名も知れない商店や会社にも大きなチャンスを生み出していく!そして私にも?(アマモ)

Twitter上から火が付き話題になった「すし処 さいしょ」のフォロワー数値引き企画。2月4日に行われたこの割引サービスのレポートが、次々とアップされています。

フォロワーの数だけ割引!「すし処 さいしょ」のレポート続々 – はてなブックマークニュース

スポンサーリンク

フォローする

関連記事