Twitter利用者への緊急告知!「パスワードの変更されたし」フィッシング詐欺で流出?パスワードの死守の仕方

スポンサーリンク

Twitterのアカウントのパスワードが漏えいした可能性

Twitter利用者はびっくりするようなニュースが飛び込んできましたね。フィッシング詐欺でパスワードが漏えいした可能性があるとのことで、Twitter利用者には警告のメールが来ているそうです。私にはまだ来ていませんが、日本は関係ないのかな?それともまだツイートをまだ始めたばかりの人は漏えいの心配がないのかな?

パスワードの変更とリセット

Twitterは非常に融通性があるサービスを迅速に行ってくれました。つまりパスワードが流出した可能性のあるアカウントのパスワードをリセットしてくれたようです。改めて、パスワードの発行を申請する必要があります。

Twitterはハッカーにも大人気!によると、320人のフォロワーを持つアカウントは1000ドル(約9万円)で取引されていたようです。信じられないですね。

簡単にそして、多数の人に情報を回すために、320人ものフォロワーがいるアカウントはかなりの宣伝になりますからね。

TwitterのAPIを使っているプログラムやアプリなどで評判が確かなものでないのは注意が必要ですね。

パスワードに関しては漏れにくいパスワードの簡単な作り方と保存の方法をご覧ください。

米SANS Internet Storm Centerは2月2日、Twitterが一部ユーザーにあてて、パスワードのリセットを求める電子メールを送信していると伝えた。

Twitterがパスワード変更を促すメール、フィッシング詐欺で流出か(ITmedia エンタープライズ) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

フォローする

関連記事