ツイッターのカリスマ津田大介さんがNHK「地球イチバン」に登場!どんなリポートしたのか?

スポンサーリンク

ツイッター(Twitter)で名が知れ渡っているジャーナリスト津田大介さんが再びNHKの番組に登場です。12月15日PM8時「地球イチバン」という番組でセーシェル諸島を旅して様々な生き物や魅力たっぷりの自然をレポート。

image

津田大介さん

ツイッターを駆使してジャーナリズムを展開し、「Twitter社会論」などの書籍も出版している津田大介さんですが、ツイッターのフォロワーは20万人近くに達し、ツイッターのカリスマと言われているようです。Twitter

image

今回NHKの番組「地球イチバン」では、115の島々でなっている「インド洋の真珠」と呼ばれる楽園「セーシェル諸島」をレポートします。

朝のNHKニュースで番組紹介がありましたが、津田大介さんが自然保護では世界一と言われるセーシェル諸島が旅をして、ゾウガメ、猿のようなコウモリ、人間が近づいても瞬く逃げない鳥などをレポートしれくれます。

ツイッターのカリスマとも呼ばれる大津大介さんがレポートするNHK「地球イチバン」の視聴者からの感想を番組専用のサイトで確認できます。

放送された、セーシェル諸島の海の美しさ、人々の素朴さ、魅力いっぱいの動物たちについて感想をコメントしたい方は、NHK 地球イチバンへ行き、放送されたシーンをクリック。

image

現れた書き込み欄にコメントを記入します。コメントをすれば何か良いことありそうな。

image

毎週同様に今回もNHK「地球イチバン」は見逃せないですね。特に、津田大介さんが保護された自然を垣間見てどんなメッセージするのかは注目です。ちなみに彼の著書Twitter社会論は、「ツイッターによってどう世界が変わる可能性があるのか。読む価値あります。 決してツイッター寄りすぎない、フェアな価値観から語っているところが素晴らしい。」などの評価があり、Twitterを背後から理解する上で役立ちそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事