トヨタの電気自動車「eQ(イーキュー)」が電費は世界差高水準104Wh/kmを記録、リースで販売

スポンサーリンク

トヨタが本格的に電自動車(EV)市場に参入する車として小型乗用車「iQ」をベースにした電気自動車「eQ(イーキュー)」を2012年末にリース販売するようです。「eQ(イーキュー)」の性能はどの程度?一般販売の見通しは?

image

「eQ(イーキュー)」の電費は世界最高レベルに

2012年の年末に米国と同時に日本でもリース販売することになった「eQ(イーキュー)」ですが、ひとまず自治体などの特定の団体が対象だそうです。

日本仕様での本体ネーミング「eQ」の由来ですが、「e」はお察しのとおり「電気」を意味する「Electric」。「Q」は「質感」を意味する「Quality」と「新しい生活のヒント」という意味の「Cue」と「新しいパッケージ」を意味する「Cubic」が含まれているそうです。なんだか複雑なコンセプトの電気自動車です。

性能で一番気になるのは、ガソリン車の燃費にあたる電費ですね。トヨタ「イーキュー」の電費は104Wh/kmを記録しており、世界トップクラスの数字を叩き出しています。最高時速は125km/hですから、高速道路もばっちり走れます。ただし一度の充電で走れる距離(航続可能距離)はJC08モードで100kmですから、その航続可能距離は劇的に伸びたとは言い難いです。これが頻繁に充電しなければならない理由であって、充電スタンドの普及が電気自動車の普及のカギのネックになっている主な原因ですね。ですから利用目的はもうしばらくは街乗りに限定されそうです。

ちなみに満タン充電は、AC200Vで約3時間で可能です。ただし急速充電「CHAdeMO」に対応しているそうで、15分という短時間で実に80%の充電が完了できるそうです。充電カフェ、充電コンビニなどが普及すればちょうどいい時間でが・・・?

リチウムイオン電池はパナソニックが供給することが同時に発表されています。

image

日本仕様の「イーキュー」の仕様は以下の通りです。

image

トヨタは将来的には「eQ(イーキュー)」のような電気自動車を主な商品にしようと考えているようですが、もうしばらくはHV車に注力するとも発表していま

参照リンク:日経プレスリリース

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事