どう見てもiPadには似ていない「2001年宇宙の旅」に登場のテーブルモニターテレビ!サムスン電子の苦肉の主張とは?

スポンサーリンク

今「2001年宇宙の旅」がiPadのようなタブレット端末の出現をすでに想定して描き出していたかどうかという話題が飛び交っていますが、私の見る限りどう見てもiPadのようなタブレットPCではなく、テーブルに埋め込まれたモニターTVにしか見えないのですが・・・。

image

私が生まれることに作られた40年前の大ヒットSF映画、今見ても全く面白くない「2001年宇宙の旅」(2001 A SPACE ODYSSEY)のワンシーンですが、宇宙飛行士が任務の合間に食事しながら、テーブルの上のタブレットPCと言われるようなもので、何かのTV番組のような映像を視聴いています。image

欧州でギャラクシータブがiPadに酷似しているということで、販売が一時的に差し止められているようですが、その裁判でギャラクシータブの販売・製造を手掛けるサムスン電子(韓国)が裁判所に提出した参考証拠の中に、上記の「2001年宇宙の旅」の食事中のワンシーンが含められていたわけです。

つまりサンムン電子は自社のタブレットPCであるギャラクシータブはiPadの独自性に似せて製造されたのではなく、すでにタブレット型の端末は過去において将来登場することが想定されていたものをサムスン電子が実現させたと主張したかったのでしょう。FOSS Patents

image

確かに映画のワンシーンでは、見ようによっては、タブレット型端末に見えないことはないですが、2人用のテーブルに同じ角度で設置されているモニターはどう見てもテーブルに埋め込まれたモニターTVにしか見えないのですが、私の錯覚でしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

コメント

  1. めりー より:

    机に埋まってるっていうのはヤバイw
    色彩認知障害w

  2. せせめへべねべ より:

    この映画ならびに小道具とは直接関係ないですが、映画の後に作られたノベライゼーション「2001年宇宙の旅」(要するに文字版。)を読みますと、このデバイスがもう少し詳しく述べられています。
    名称は「ニューズパッド」とされ、「宇宙船の情報回路に接続すると世界中のあらゆる新聞や雑誌のダイジェストが読める」「読みたい記事のタイトルに触れると画面が拡大され細かいディテールを知ることができる」等々。タブレットやスマートフォンのスワイプやピンチと思えなくもないですね。
    人間が「こんなことが実現できたら…」と想像することは、いつの日か技術が追いつく日がくるという例でしょうか。