新「旅ナビ」の実写「街並みスコープ」は矢印で道案内してくれる!これで街歩きで迷子知らずに!

スポンサーリンク

パナソニックの「旅ナビ」(CN-SG510)がまたまた進化しました。今度はカメラでとらえた実際の映像(実写)に矢印で進行方向を教えてくれる新「街並みスコープ」が搭載されています。image

「旅ナビ」(CN-SG510)

初代「旅ナビ」が発売されてからかれこれ1年半以上が過ぎようとしていますが、かなりの人気で、女性性向けになったり、コンパクトになったりと、次々にバージョンアップしております。

今回、パナソニックは新型「旅ナビ」(CN-SG510)を発売し、さらに街歩きを充実させる機能強化を図っています。日経プレスリリース

新「街並みスコープ」

最大の新機能は新しくなった「街並みスコープ」と思います。目的地を設定すると、現在地をGPS機能で検知して、カメラから取り込んだ現在の周りの風景の実写映像に、ルート(進行方向)を矢印で示してくれるのです。

image

これなら行きたい観光地やスポットに確実にたどり着け、帰りも決して迷子になりそうもありません。

歩行専用案内地図と5つの歩行モード

さらに新機能として、階段、歩道橋、公園、エレベーター、駅構内を通るなど、細かい歩行専用案内地図を搭載して、状況や好みに合わせてた以下の5つの歩行モード(おでかけウォーク)で細やかなルート設定できます。

image

  1. にぎやかな通り優先・・・気分を変えてくれるかも。
  2. 屋根の多い通り優先・・・雨の日など悪天候の時はいいかも。
  3. 歩き易さ優先・・・年配者は子供が同伴するときは最適。
  4. カロリー消費優先・・・ダイエットを兼ねた街歩に。
  5. おまかせ・・・自由な時間がある時など気ままに。

他にも様々な新機能や従来機通り機能など。

  • 「何これカメラ」・・・観光地や建物をカメラで写し出せば、スポット情報を表示してくれる。image
  • 昭文社「MAPPLEガイド」データ約100冊分、約73,000件を収録して様々な検索方法で行ってみたい場所を見つたり調査できます。image
  • 立ち寄り順番の設定・・・自分で計画。
  • 付箋ポイント選択・・・行きたいところを忘れさせません。
  • 寄り道コンシェルジュ・・・歩行案内中にあらかじめ設定したお好みのジャンルのスポットを案内します。image
  • オプションのガイドブック情報をWEBで購入、データベースへの追加更新・拡充が可能・・・「全国ラーメン情報」「全国定番おみやげ」「温泉・立ち寄り湯」など。
  • カーナビ・エンターテイメント機能・・・付属の車載用吸盤スタンドでカーナビとしても利用可能。image
  • ワンセグチューナー内蔵やSD音楽・ビデオプレーヤー内蔵。・・・旅館やホテルでも暇をもてあますことなし。image

私は初代「旅ナビ」が街歩き好きなシニアを対象に端末として発売された時は、これほどまでに進化するなんて想像していませんでした。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事