やっと日本で発売の「Surface(サーフェス) Pro」の最大の魅力は「Office Home & Business 2013」が搭載されている点

スポンサーリンク

約1年前に発表された「Surface(サーフェス) Pro」がやっと日本でも6月7日に発売されることになりました。OSはもちろんWindow8 PROで、価格は128GBモデルの99,800円、256GBモデルは11万9800円。日本版「Surface Pro」の最大の魅力は「Office Home & Business 2013」が搭載されているだけかも?

image

Window8のタブレットPCは各社からすでに発売されており、「Surface(サーフェス) Pro」よりも魅力的と思える端末が沢山お目見えしております。「Surface Pro」を待ちきれずに、Window8 搭載のPCや、タブレッドにもなるハイブリッド型PCをすでに購入している方も多いと思います。私もその一人ですが。

image

しかし改めて日本版「Surface Pro」が魅力的に迫ってみました。

日本版の「Surface Pro」は「Office Home & Business 2013」が搭載されている点です。「Word」「Excel」「Outlook」だけでなく「PowerPoint」「OneNot」も搭載されている「Business」版ですよ。プリインストールバージョンとはいえ通常なら約3万円します。同価格帯の他社製Window8タブレットの差別化が見られ、かなりのお得感が出ております。Surface の仕様

image

ただし、キーボードはオプションで別売りですから、そこんとこも他社製のハイブリッド型タブレットと比較する材料になりそうです。

■ タッチセンサーキーボードカバー「Touch Cover」・・・9,980円
■ パンタグラフキーボードカバー「Type Cover」・・・10,980円

「Touch Cover」は薄っぺらなのはいいですが、打感が得られる厚めの「Type Cover」が断然お勧めかも。

詳細スペックは以下のとおり。

  • 本体・・・サイズ 約275×173×14mm、重量 907g
  • ディプレイ・・・10.6インチ、1920×1080ドット(フルHD)
  • OS・・・Windows 8 Pro
  • CPU・・・第三世代 Core i5
  • GPU・・・Intel HD Graphics 4000
  • メモリ・・・4GB
  • 内部ストレージ・・・128 GB、256 GB
  • カメラ・・・前面と背部に 720p HD LifeCam

オプションにACアダプターが表示されているのは、見落とせませんね。

image

他社製Windows8タブレットと比較して購入を検討している方は、必要なオプションの購入費も含めて検討しなければならないようです。

とはいえ日本版「Surface Pro」にはパッケージ版で3万円近くもする「Office Home & Business 2013」がプリインストールされています。ビジネス向けのWindow8タブレット購入を検討している方にはかなり有力選択肢になることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事