【Windows8メモ】スタートメニュー復活フリーソフト「StartMenu8」の使い方

スポンサーリンク

Windows8を使ってはや数か月が経ちました。「スタートメニュー」を使わないことに慣れてきましたが「StartMenu8」というスタートメニューを復活させるフリーソフトの出来が良いとのことで使ってみました。自然なスタイルの「スタートメニュー」をデスクトップに表示してくれます。ではスタートメニュー復活フリーソフト「StartMenu8」のインストールと使い方とは?

Windows8にスタートメニューを表示させる方法


「StartMenu8」

この無料ソフトはWindows8のスタートメニューを復活させるだけでなく、起動時のModern UIを飛ばしてデスクトップを表示してくれるという便利な機能も搭載しているのいいですね。

ダウンロードは StartMenu8 から。

image

梱包テキストファイル「利用する前に・・・」を一通り読んで、[startmenu-setup.exe]をクリック。

image

普通にインストールを済ませます。

image

以下の画面で、有料ソフト「Advanced SystemCare Ultimate」の体験版の抱き合わせインストールをするかどうかのチェックができます。(ご自由に)

image

ソフトが起動直後に「StartMenu8」の設定画面が表示されます。最低でも「一般設定」の「Windowsスタートアップ時に起動」にチェックを入れておきます。起動時にModern UIをスキップしてすぐにデスクトップを表示させたい場合は、、「Metro画面をスキップ」にチェックを入れておきましょう。(今はMetroとは言わずにModern UIと言うのにね!)

image

スタートボタンのスキンの変更も可能です。好みに合わせて。

image

個別メニューの表示方法を詳細にカスタマイズできます。PC上での作業環境に合わせて。

image

「ユーザーインターフェース」では、言語の選択、アバター、電源ボタンの動作を選択できます。よくできているフリーソフトです。

image

自然なスタートメニューをWindows8に表示できるようになりました。

image

以上がWindows8に採用されなくなったスタートメニューを復活させてくれるフリーソフト「StartMenu8」の紹介でした。しばらく使ってみようかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事