地デジ番組全同時録画の「スパイダーゼロ」(SPIDER zero)で一週間分のテレビ番組を見逃すことなし!スマートテレビ本命

スポンサーリンク

テレビもスマートテレビの時代に突入し、ウェブ連動型の様々なコンテンツをオンラインで楽しめる時代が来ていますね。アップルテレビやグーグルテレビに加えて、韓国勢のサムスン、ソニー、パナソニックの日本勢が加わっています。

今回のスマートフォンテレビの市場に画期的なアイディアを持ったサービスを取り入れた地デジ放送対応のハードディスクレコーダー「スパイダーゼロ」(SPIDER zero)が新たに家庭用として年末に登場するようです。

20110405173418

  • 「スパイダーゼロ」(SPIDER zero)とは?

「スパイダーゼロ」(SPIDER zero)とは?

「スパイダーゼロ」はベンチャー企業の「PTP」が開発して3年近く前に、一週間分のテレビ番組を録画できるハードディスクレコーダーということで話題となりました。20110405173446

当時は2.5TバイトのHDDト8つのチューナーでCMを含めた番組全部を録画し続けるというスゴ技のハードディスクレコーダーなのです。このサービスがすごいのは、番組やCMの中に登場するキーワード、人名、番組名、会社名、商品名などで番組を検索できるという点です。人海戦術でて入力しているらしいのです。これこそスマートテレビになくてはならない機能ではないでしょうか?

20110405173528

それが今年の12月に、地デジ対応で高画質録画できるようになりました。ハードディスクは数倍の容量になる見込みでかなりのハイスペックになるようです。

スポンサーリンク

価格と利用料

3年前の「スパイダーゼロ」は当初30万円を超えていましたが、今回新たに地デジ対応になるハードディスクレコーダー本体は一般のハードディスクレコーダー並みに引き下げると宣言しています。また現在の番組検索を可能にする「スパイダーゼロ」の利用料が年間1万円以上発生しますが、もう少し安くならないかな・・・。

実はひと足早く法人向けバージョンの「スパイダープロ」(SPIDER pro)は4月末に発売予定で、すでに大きく雑誌などのメディアや新聞でも話題になっています。それが年末に一般家庭用の「スパイダーゼロ」となって発売開始になるわけですね。ブログ記事のネタ作成に役立つハードディスクレコーダーになることは間違いなしですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事