ソニー「カセットウォークマン」ありがとう!さようなら!日本国内向けの生産が中止に、涙!

スポンサーリンク

ソニーの名前を世界的的に知らしめた、ウォークマン(カセットテープ)が日本国内の販売のための生産は打ち切られてしまったようですね。個人的にも大変お世話になっていたので、悲しいですね。(以下の画像は最近まで使っていた、ソニーのICリピート付きカセットプレーヤー.)

ソニーのカセットプレーヤー

懐かしい「ウォークマン」

ソニーのカセットプレーヤー「ウォークマン」は、実は最近まで店頭で売られていたとは知りませんでしたね。とっくの昔にカセットウォークマンは製造、販売中止になっていたと思っていました。

しかし、実は今年の3月までは、製造販売を日本でもやっていたそうです。みかけなかったな・・・。

最近まで、英語学習や会議の録音のために上記のソニー製のカセットプレーヤーを使っていました。ウォークマンの機能はほとんどすべて収めてるように感じて、10年ほど前に購入しました。未だに使えますよ。上記のようなICリピート付きの録音カセットプレーヤーまで中止になっているかどうかは分かりませんが・・・。

ウォークマンは手動でスイッチを入れたり切ったりするのもで、「ガチャ」という音がしていましたね。あの音が「いよいよ始まる」というメッセージをヘッドホンを付けながら感じていました。それもずいぶん前の話ですが。

ソニーのカセットプレーヤーが懐かしい

録音は、赤の録音ボタンと同時に再生ボタンの「ON」になる仕組みでしたね。今考えると、良く設計されているなぁ~と感心します。

ウォークマンは1979年発売以来2億2千万台売れたそうです。すごすぎます。

さらばソニーの「カセットウォークマン」。

(注意:CD,MD,メモリースティックなどのポータブル音楽プレーヤー「ウォークマン」は生産と販売は続行されます。)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事