ソニー「キュリオシティ ビデオオンデマンド」で映画やアニメを高画質ハイビジョンで満喫!その料金は?

スポンサーリンク

ソニーの薄型テレビの「ブラビア」で見るならばっちりの、高画質の映画やアニメ配信サービス「キュリオシティ(Qriocity) ビデオオンデマンド」が1月26日から開始さるようですね。20110121081354

すでに欧米で始まっているこの高画質の動画配信サービス「キュリオシティ」とは一体どんなサービス?料金は?

動画配信サービス「キュリオシティ(Qriocity)」とは?

このビドオオンデマンド(動画配信サービス)はすでに欧米6カ国で開始されているようですが、日本では今回「<ブラビア>ネットチャンネル」対応モデルのテレビのみでサービスが開始されます。

特徴はネット経由のストリーミング形式で、最新の映画やアニメを、とにかく高画質のハイビジョン(HD版)で試聴できるところです。ソニーの高画質液晶テレビ、ネット接続可能な「ブラビア」でしか見られませんが、感動映像が楽しめるようになっています。

「キュリオシティ(Qriocity)」ではすでに3D映画の配信も決まっているそうで、これから薄型テレビを購入する予定のわが家では、考慮したいテレビとしてこのソニーの3Dブラビアを取り上げています。

20110121081412

配信されるコンテンツ作品は今のところ200以上から開始ですが、今後加えてゆくようですね。いずれにしろ最新のハリウッド映画や日本映画、アニメはほぼ確実に配信されるでしょう。

具体的には「プレデターズ」「ボーン・アイデンティティー」「エアベンダー」「インセプション」「バイオハザードⅣ アフターライフ」「ロストクライム ‐閃光‐」「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」「機動戦士ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊」(3月5日より)、「戦場のヴァルキュリア 3 誰がための銃瘡」(春)などです。

将来的には、この「キュリオシティ」では、ビデオだけでなく、、音楽、ゲーム、電子書籍などの幅広いデジタルエンタテインメントコンテンツを随時投入してゆくそうです。ゲームに強いソニーですから、ゲームコンテンツは期待したいところです。

スポンサーリンク

「キュリオシティ」の利用料

やはり気になるのは、コンテンツの利用料でしょうね。報道によると高画質の映画(HD版)は500円~1000円に、標準の画質(SD版)は350円~700円だそうです。(Sony Japan | ニュースリリース | より。)

高画質版の映画はレンタルビデオ店より2倍になりそうですが、標準版の映画コンテンツは同じ程度の料金と見ることもできます。(レンタルビデオの割引期間よりは料金が高めですが・・・)

本格的なインターネットとテレビの融合が始まりつつあり、ソニーのブラビア「キュリオシティ」、パナソニックの「ビエラ・コネクト」などのスマートテレビが茶の間に普通に見られる時代もすぐそこまで来ているようですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事