ソフトバンクも通話定額を導入!料金はガラケー2200円、スマホ2700円なり

スポンサーリンク

ソフトバンクは通話定額制を導入したドコモに追随することが正式に決まったようです。朝日新聞がスクープしています。料金プランはドコモより工夫を凝らし、余ったデータ量を翌月に繰り越せるプランも用意しているようです。

ソフトバンクも通話定額を導入

朝日新聞はauもドコモに追随して通話料金定額制を導入するという情報をスクープしていましたが、今度はソフトバンクの関係者から入手した情報を報道しました。

報道によると音声電話かけ放題プランは以下のとおり。

  • ガラケー・・・2200円(税抜)
  • スマホ・・・2700円(税抜)

ただしスマホはドコモのように家族でデータ容量を分け合える「パケホーダイ」同等のプランだけでなく、契約データ容量を当月末まで使い切れなかった分は翌月に持ち越せるプランも選択できるようにします。データ容量を分け合える親しい友人や家族がいないならメリットが多いプランじゃないでしょうか。

ところで私がお世話になっている KDDI au はどうなっているんでしょうね。当初8月の予定でしたが前倒しするとの情報もあります。でも私の予想では、一か月以内に同様のプランを出すと思われます。というのは数日前に以下のようなことがあったからです。

au カスタマーサービス(157番)に電話して、ドコモへのMNP(ナンバーポータビリティー)を前提に手続き方法を尋ねてみました。そうすると担当者のAさん(女性)は「ドコモのカケホーダイへの乗り換えなら、もう少し待ってくださいませんか?はっきりとした日程は答えられませんが、KDDIも近々同様のプランを出す予定ですから。」と懇願されました。それだけでなく、機種変更に利用できるauポイントをくれました。1か月の期限付きですが10,000ポイントです。太っ腹というか必死というか・・・。機種変更といってもiPhone5の残金も残っているので身動きできませんし・・・。

つまり1か月の期限付きでポイントをくれたので、7月上旬までには、いや6月下旬までには新プランを発表そして開始するはずです。

ドコモの通話定額プラン「カケホーダイ」を皮切りに、大手3社がさらに生き残りをかけて激闘しております。

「スマホは高すぎる!」
「そんあじゃ、使わなければいいじゃん!」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事