ソフトバンクのiPhone6をSIMロック解除し楽天モバイルで利用する方法、GPPLTEは快適だった

スポンサーリンク

ソフトバンクのiPhoneで正式にSIMロックを解除できるはiPhone 6S や iPhone SE までで、iPhone6 は解除できないことはご存知だと思います。かといって最近ようやく登場したソフトバンク系の格安SIMはドコモ系の格安SIMよりかなり割高です。でもSIMロック解除アダプタを利用して、簡単にSIMロックを疑似的に解除し、ドコモ系MVNOの格安SIMで通話もデータ通信もできちゃうんですよね。しかも費用は1000円程度です。海外旅行でも海外のSIMカードを利用できるようになりますよ。以下に楽天モバイルのSIMカードを使うための設定を紹介します。

ソフトバンクのiPhone6をSIMロック解除する3つの方法

このブログで以前、au版iPhone5sをSIMロック解除アダプタでドコモ系の格安SIMを利用する方法を紹介したことがあります。(今ではmineo au版SIMは普通に使えるんですが、当時はできなかったんですよね。)

この記事ではソフトバンクのiPhone6が手に入ったので、手持ちの楽天モバイルの格安SIMで通話やデータ通信できるかどうかを試してみました。(ご存知の通り楽天モバイルはドコモ系の格安SIMでシェアNO1です。)

楽天モバイルのnanoSIMカードとソフトバンクのiPhone6

少し寄り道しますが、ソフトバンクのiPhoneを正式にSIMロック解除つまりSIMフリー状態にできるのはiPhone6S/Plus/SE 以降のもです。

ですからiPhone6/5S/5のSIMロックを解除したい場合、また6S以降でもSIMロックされたままのiPhoneを手に入れた場合、以下の3つの方法でSIMロック解除を解除できます。

  1. 脱獄・・・iPhoneの欠陥を突いて、プログラムを書き直す。難易度が高く下手すると端末が文鎮化する。
  2. 民間のSIMロック解除サービス(ファクトリーアンロックサービス)・・・高額でトラブルが多い。
  3. SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)・・・格安で確実。疑似的にSIMロックを解除する。この記事で説明
スポンサーリンク

おすすめはSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「GPPLTE」だ

ソフトバンクのiPhone6をロック解除するおすすめ方法は、上記のうち3番目の方法です。

つまり格安SIMカードに”ゲタ(下駄)を履かせ”SIMトレイに装填するという方法です。

それが冒頭の写真で紹介したものです。

SIMトレイにMVNOから入手したnaoSIMカードを載せる時に、重ねて一緒に装填する”極薄の基盤”、これがいわゆる”ゲタ(下駄)”です。

Amazon や楽天で検索してみてください。(でも、間違っても「下駄」みたいなキーワードじゃだめですよ。iPhone SIMロック解除 のようなキーワードでどうぞ。)

いかがでした?

沢山でてきましたね。

やたらと沢山出回っています。ほぼ間違いなく海外製です。でも違法じゃないのでご安心あれ。

わたしがauのiPhoneでSIMロック解除した時は「R-SIMシリーズ」を利用していました。

でもこれって、確立された解除手順が不明瞭ではっきりしていないのです。圏外病も多発しました。

でも私が今回選んだ以下の「GPPLTE SIMロック解除アダプタ 」は、解除の手順が明快明瞭で、Amazonで最もレビューが件数が多く評判もナンバーワンでした。

これってキャリアを問わず、つまりau版でもドコモ版でもソフトバンク版でもSIMロックがかかったままのiPhoneで利用可能です。iPhoneを疑似的にSIMロックフリー状態にして、安定的に通話やデータ通信を可能にするSIM下駄なんです。実際に確認しました。

SIMロック解除アダプタ「GPPLTE」 for iPhone

でも、使い方や設定方法が難しく感じますか?怪しいですか?iPhoneが壊れるかもしれないと不安ですか?

私もそう思いましたが、公式ページに記されていたとおりの手順を踏んでいけば、とても簡単にソフトバンク版iPhone6のSIMロックを解除し、ドコモ系の楽天モバイルの格安SIMで通話もデータ通信もできちゃいました。しかも、安定しています。数日利用していますが、圏外病は始めの2回だけで、あとはまったく圏外病は発生していません。

※ 圏外病とは電波をつかまずに「圏外」と表示され続けることです。

使い方は上記の商品ページ書かれていますが、実際に私が自腹で購入したこのアダプタとソフトバンクのiPhone6とドコモ系の楽天モバイル SIMカードを組み合わせてSIMロック解除を成功させましたので、以下に写真入りで説明しますね。

※ 商品ページに記載されている方法では、着信できない場合がありましたが、その解決法も後述します。また簡単に「圏外病」らしき状態から脱出する方法も記載します。

SIM下駄「GPPLTE」の利用法

流れは以下の通り。

  1. WiFiにつなぎ、手持ちの格安SIM(楽天モバイル)のAPNプロファイルをインストール
  2. SIMロック解除アダプタ「GPPLTE」を格安SIMと一緒にiPhoneに装填。
  3. 緊急電話し設定。
  4. SIMカードを1回だけ抜き差しする。

では以下の手順の詳細を確認しましょう。

格安SIMに合わせてAPNプロファイルをインストール

まずWiFi環境が必須です。APN設定(プロバイダ設定)のためです。

※ もし解約済みのiPhoneをアップデートしてしまったら、アクティベーションが要求されると思います。その場合以下の手順に進むことができないかもしれませんので、解約済みのソフトバンクのnanoSIMを入れるか、Amazon等でソフトバンク用のアクティベーションカードを入手し、それを装填してアクティベーションしましょう。

ソフトバンクのiPhoneをアクティベーションする。

そして、ブラウザアプリSafariで利用したい格安SIMカード発行元MVNOのページへ行き、iPhone用(iOS)APNプロファイルをダウンロード、インストールしてくだいね。au系でもドコモ系でもOKです。

以下は楽天モバイルをiPhoneで運用する場合です。

楽天モバイルをiPhoneで運用する場合の接続先情報。

私が契約している楽天モバイルのAPN(接続先)は rmobile.jpですから「申込種別0006または0007」のプロファイルURLをタップし、案内通りにダウンロード/インストールすればOKです。

楽天モバイルのAPN(接続先)は rmobile.jp です。

こんな感じでAPNプロファイルが設定されたことが確認できます。設定>一般>プロファイルから確認してください。

SIMロック解除アダプタ「GPPLTE」を装填

手元に契約済みnanoSIMカードを準備してください。ここでは楽天モバイルのnanoSIMカードです。

iPhoneのSIMトレイを専用ピンまたはクリップの先で押し出し、以下のように下駄(SIMロック解除アダプタ)と格安SIMを重ね合わせてください。

SIMロック解除アダプタをSIMトレイに装填する方法。

ただし基盤に端がトレイの下に来るようにし、その上からnanoSIM をセットします。

SIMロック解除アダプタをSIMトレイに載せる場合の注意点。

SIMトレイの裏から見れば、SIMロック解除アダプタの文字(「GPP」または「GPPLTE」)が刻印されている面の端の部分が以下のようにしっかり見える状態であれあOKです。

SIMトレイの裏から見れば、SIMロック解除アダプタの文字(「GPP」または「GPPLTE」)が刻印されている面の端の部分が以下のようにしっかり見えるようにする。

その状態でそっとSIMトレイをソフトバンクのiPhone本体に装填してあげます。最後にカチッと音がするまでです。

カチッと音がするまで、SIMトレイをソフトバンクのiPhone本体に押し込み装填を完了させます。

SIMトレイを装填後以下のように「アクティベーションが必要です」と表示されますので「了解」をタップします。

「アクティベーションが必要です」と表示されますので「了解」をタップ

iPhoneをアップデートしたような状態になりますが、気にせずにホームボタンを教してください。

ソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

「SIMが無効です」が表示されたら再び「ホームボタン」を押します。

SIMが無効の状態でホームボタンを押す。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法

緊急電話し設定を続ける

ここからがキモですよ。いよいよソフトバンクのiPhone6のSIMロックを解除します。

「SIMが無効です」の画面で再度「ホームボタン」を押すと「緊急電話」の項目が表示されますのでタップしてください。

「SIMが無効です」の画面で再度「ホームボタン」から「緊急電話」へ。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

そして電話します。「*5005*7672*0#」と押して 通話ボタンをタップ。

「*5005*7672*0#」と押して 通話ボタンをタップ。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

そうすると世界の電話会社一覧が表示されますので、本体のキャリアつまりソフトバンク(JP Softbank)を選択してください。※格安SIMカードのネットワークではありません。つまり楽天モバイルだからといって「JP DoCoMo」を選択してはなりませんよ!

本体のキャリアつまりソフトバンク(JP Softbank)を選択。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

次の画面も黒い画面です。iPhoneに合わせて「6S/6SP/SE mode」もしくは「TMSI mode」をタップします。ここでは ソフトバンクのiPhone6ですから「TMSI mode」を選択します。

iPhoneに合わせて「6S/6SP/SE mode」もしくは「TMSI mode」をタップ。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

次画面に英語が書かれていますが、無視して「了解」のボタンをタップします。

了解をタップ。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

ここで再び緊急電話の画面が表示されますが、今回は通話ではなく「キャンセル」をタップ。

再び緊急電話の画面が表示されますが、今回は通話ではなく「キャンセル」をタップ。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

SIMカードを1回だけ抜き差し

再び「SIMが無効です」の画面が表示さます。大丈夫です。安心してください。

再び「SIMが無効です」の画面が表示。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

この状態で一旦SIMをほんの少しだけ引き出します。そうすると当然「SIMカードが挿入されていません」が表示されますので、ここで「OK」を押した後にすぐにSIMを再装填してください。

一旦SIMをほんの少しだけ引き出し、「OK」を押した後に、SIMを再挿入。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

ここから数分間待ちます。

待ち続けると、iPhone左上にアンテナの強度が表示され、見事に「docomo」マークが表示されますよ。本体はソフトバンクのSIMロックがかかっていますが、docomoのiPhone6に生まれ変わった瞬間です。もちろん格安SIMの楽天モバイルでね。

ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneがdocomoのiPhoneに生まれ変わる。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

※ とはいっても実際にはロックがかかったままですから、テザリングはできません。悪しからず。

では、本当に電話が使えるか確認してみます。

まず「通話発信」です。バッチリ通じました。音声もクリアです。

発信テスト。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

通話着信」もバッチリ可能でした。もちろん音質もクリアですよ。

着信テスト。ーソフトバンクのSIMロック解除アダプタの利用法。

注意)着信を確実にするための設定

不思議なことにWiFi接続時には、モバイルデータ通信>データローミング がオフの状態では、通話の着信ができませんでした。

しかしWiFiではなくモバイル通信(4G)ではデータローミングをオフにしいても、なんなく通話の着信ができました。

ですから私の経験上、常時 モバイルデータ通信>データローミング をオンしたままが良さそうです。

※ 発信はWiFiかモバイル通信(4G)または、データローミングのオン/オフ に関係なく、可能でした。

このあたりの細かい挙動がイマイチ分らないことがあるので実際に使ってみて、試してみたほうがよさそうですね。

トラブル

上手く設定ができない時

以上の手順でSIMロック解除アダプタ「GPPLTE」の動作確認が取れない場合は、どうすればいいのでしょうか?

公式ページには「一度オールリセット」してからと再度チャレンジしてくださいとあります。

でもそれはかなり面倒ですよね。

私の場合は一度、解約済みのソフトバンクのSIMカードかソフトバンク用のアクティベーションカードで起動し、上記の手順を繰り返すと、電波をつかみました。

でもそれでも無理な場合は、販売元の指示通りにiPhoneをオールリセットしてからやり直しましょう。

圏外病

SIMロック解除アダプタを利用したSIMロック解除の最大のトラブルは何と言っても「圏外病」でしょう。

私の場合は、圏外病は初め時だけでした。

また、最初は時々「圏外」表示になる時がありましたが、その場合は、設定>モバイルデータ通信>をオフにして、キャリアの選択を「自動」から「Docomo」に選択変更します。

このアダプタは「GPPLTE」とあるようにLTE優先です。それでLTE(4G)が入りやすい場所でセットアップすることが安定度が増します。これとても大切です。

どうしても圏外病から脱出できない場合

その場合は格安SIMのカードをいったんドコモの端末かSIMフリーのスマホ、我が家にはドコモのiPhoneがあり、に一度装填しドコモの電波をつかませてから、再度上記のソフトバンクのiPhone6に入れると、圏外病から簡単に脱出できました。

私の場合ですが、SIMロック解除アダプタの設定手順でつい何回も抜き差し、圏外病になった楽天モバイルのSIMカードを復旧すべくドコモの端末に入れても、「圏外」になるという恐ろしい事態に陥ったことがあります。

でも、安心してください。端末やSIMカードの故障ではありません。

その場合は、再度「キャリアの選択(ネットワークの選択)」を「自動」をオフにし「ドコモ」に設定してみてください。難なくドコモの電波をつかむことが可能になります。

そのようにして格安SIMカード(楽天モバイル)をドコモの端末でドコモの電波をつかむようにしてから、再度SIMロック解除アダプトと一緒にソフトバンクのiPhoneへ装填すると、電波をつかむようになるかもしれません。というか私はその手でバッチリでした。

iOSのアップデート

さらにやっかいなのは iOS のアップデートです。

私は iOS11.02から11.03へアップデートしてしった時に、再び「圏外」となってしまいました。iPhoneの復元でも同様の症状に陥る場合があります。

その場合、一度ソフトバンクのnanoSIMか、それが無いならアクティベーション用のnanoSIMを手に入れて、SIMトレイに差し込みます。

そうすると「圏外」か「SIMなし」になりますので、再び「下駄」を履かせて上の手順をやり直しすると、ドコモの電波をつかむようになりました。

なおこの記事で紹介したSIMロック解除アダプタ「GPPLTE」の最新情報は  設定方法 【音声通話/4G-LTE通信対応】IOS11 GPPLTE 4G+ SIMロック解除 アダプタ ファクトリーアンロック : APNショップ  からご覧ください。

以上がソフトバンクのiPhone6をSIMロック解除アダプタでSIMロックを解除し、楽天モバイルで運用する手順でした。メインで使うiPhoneでの利用はあまりお勧めできませけどね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事