ソフトバンクの3D携帯「ガラパゴス」(シャープ製)は裸眼3D液晶で、おサイフケータイ付きのアンドロイドスマートフォン

スポンサーリンク

2011年2月24日追記:ソフトバンクモバイルは2月23日に新型ガラパゴス「GALAPAGOS SoftBank 005SH」を発表しました。特徴は、スライド式のフルキーボード、 3D対応の大型3.8インチ液晶スクリーン、使えば使うほど自動でカスタマイズされる機能が追加されました。

20110224161019

(11月4日発表では、ソフトバンクの3D携帯「GALAPAGOS SoftBank 003SH」はおサイフケータイ機能に加えて、ワンセグ赤外線通信機能もあることが判明。 ソフトバンクモバイル

メガネなしの3D携帯「ガラパゴス(GALAPAGOS SoftBank 003SH)」がソフトバンクから年末商戦に向けて投入されるそうですね ソフトバンクの3D携帯「GALAPAGOS SoftBank 003SH」はおサイフケータイ、ワンセグ機能付き。

ガラパゴスといえば、日本の携帯を揶揄する言葉ですが、そのガラパゴスを採用した、シャープ製の電子書籍リーダー「GALAPAGOS(ガラパゴス)」が3D携帯になってソフトバンクから発売されるそうです。 (右の写真はスマートフォンのイメージ画像)

  • 3D携帯ってどんなの?
  • 「ガラパゴス」って?
  • 充実した電子書籍サービス「ソフトバンク ブックストア」とは?
  • おサイフケータイ機能は?
  • 専用アクセサリー(カバー)のバリエーションとは

3D携帯「ガラパゴス」はメガネなしの裸眼3D

メガネなしの裸眼3Dと言えば、ニンテンドーが来年発売する「ニンテンドー3DS」に採用されていますね。シャープの視差バリアという技術で右目と左目用の映像をメガネなしにそれぞれの目に伝えることができる技術です。

それを今度はソフトバンク提供の携帯に採用するらしいのです。いわゆる3D携帯です。なんとなく見えずらいような気がしますが、楽しみですね。ソフトバンクの3D携帯「ガラパゴス」(GALAPAGOS SoftBank)は裸眼で3D映像が楽しめます。

スポンサーリンク

ガラパゴス携帯

驚きなのは今回ソフトバンクから出されるこの3D携帯は「ガラパゴス」(GALAPAGOS SoftBank 003SH)というネーミングで登場するというのです。

シャープの目玉の電子書籍リーダーに日本の携帯事情を揶揄(やゆ=皮肉)する言葉「ガラパゴス」が付されて12月に発売予定というニュースを聞いてまだ日が浅いうちに、今度は携帯としてしかもアンドロイドを採用した3D携帯(スマートフォン)として登場するわけですね。シャープのGALAPAGOS(ガラパゴス)

つまりこのアンドロイドを採用した3D携帯はシャープの電子書籍リーダーの性能を受け継ぐに違いありません。シャープはすでに3万冊の新聞、雑誌、書籍をダンロードして、読める「ガラパゴス」向けの電子書籍サービスを展開する予定です。

「ソフトバンク ブックストア」と「ビューン」

しかしソフトバンクは「ソフトバンク ブックストア」という、書籍、マンガ、写真集などを中心にした広範囲の種類に及ぶ電子書籍サービスを展開します。角川書店、講談社、集英社などから10万点以上取り揃えいています。

電子書籍書籍購入代も、電話利用料金からまとめて支払えるので便利ですね。しかし利用料金は以下のようになっています。日経プレスリリース

※購入にあたり、ソフトバンク携帯電話の加入日から満3ヵ月以内のお客さまは3,000円/月、満3ヵ月を超えたお客さまは10,000円/月の利用限度額があります。
※ご利用には別途通信料がかかります。
※S!ベーシックパック(月額315円)ならびにパケット定額サービスへの加入が別途必要となります。

「ソフトバンク ブックストア」の利用料はちょっと高いような気がしますけど。

3D携帯ガラパゴスに合わせて導入される電子書籍サービス「ソフトバンク ブックストア」。

また、iPhoneやiPadに新聞や書籍を配信する大ヒットサービス「ビューン」も3D携帯「ガラパゴス」や他のアンドロイド搭載のスマートフォンに配信開始するそうです。この「ビューン」と「ソフトバンク ブックストア」でかなり充実さいた電子書籍サービスを楽しめるようになりますね。 「ビューン」は月額315円の格安サービスで、初めの一か月間は無料ですから、登録しない手はないですね。

ちなみにアンドロイド携帯ですから、すでに導入されている数万のアプリも自由にインストールできるるようになるでしょう。

おサイフケータイやワンセグ付き

ちなみに、スマートフォンといえば、日本の携帯独特の機能であるおサイフケータイ機能などは付いていないイメージがありましたね。(auの「サイフケータイIS03」が初導入。)

しかしこのソフトバンクの3D携帯は、そのおサイフケータイ機能が付いているので、通常のおサイフケータイ機能付きの携帯からスマートフォンに買い替えたい人でもソフトバンク以外を選ぶ必要は無くなりそうですね。

また携帯と言えばワンセグですが、3D携帯「GALAPAGOS SoftBank 003SH」にもワンセグ機能が付いています。

カラーバリエーション

「ガラパゴス」の色もすごい種類がありそうです。若い女性のこころを捕まえそうなかわいい色柄が多数あります。お勧めは、ピンクと白のチェックの「ガラパゴス」がいいでしょう。

ソフトバンクの3D携帯「GALAPAGOS」の豊富なカラーバリエーション。

専用アクセサリー(カバー)も同時発売

また「GALAPAGOS SoftBank 」シリーズ発売にわわせて、ソフトバンク「SoftBank SELECTION」から、ガラパゴスを傷から守るカバー(レザー製もあり)が発売予定です。すぐにアクセサリーまで用意しているとは、ソフトバンクはかなり前からシャープの端末を自社製に導入することを決めていたようですね。日経プレスリリース

20101104163504

とにかくソフトバンクの3D携帯「ガラパゴス(GALAPAGOS SoftBank 003SH)」は至れりつくせりのスーパースマートフォンですね。ちなみにこのシャープ製の3D携帯はNTTドコモにも提供されるようです。

どこまでも優位に立とうとするソフトバンク、首位を奪われまいと懸命に突き放そうとするドコモの戦い、そこに取り残されないように後ろからひたすら追いかけるKDDIのauの戦いはしばらく続きそうです。