便利だけど通話が中心?スマフォのアンケート調査結果

スポンサーリンク

多機能携帯端末いわゆるスマートフォンですが、どうやら多くの所持者が便利な機能を使いこなしていないことが判明!ほとんどは通話やメールが中心で、基本機能の利用が圧倒的に多いことが判明!宝の持ち腐れか?

image

「便利」は75%

スマートフォンに関する調査を行ったのは、マイボイスコム株式会社で1万2千人ほどのスマートフォンユーザーにネットでアンケート調査した結果、確かに「便利になった」と感じた人は75%だったようです。ネットリサーチのマイボイスコム

しかし、その反面、利用している機能としては以下の通りの結果が判明。

■ 通話・・・81%
■ メール・・・80%
■ PC用の Webサイト閲覧・・・75%
■ カメラ撮影・・・50%

image

便利は不要?

つまり圧倒的に基本機能が中心のユーザーがほとんどみたいです。確かにiPhoneやAndroid端末で様々な機能やアプリが便利だと感じるのと、常時利用する機能とは必ずしも一致しないことが分かります。

興味深いのはスマートフォンを継続利用したいかどうかは40%の人が「YES」と答えていなかったのです。

PC並のスペックで多くのことが可能になった多機能携帯端末「スマートフォン」ですが、多くのユーザーは手に入れたものの使いこなせていない実情が浮かび上がっています。

中には、携帯からスマートフォンに取り替えて「料金が上がった」と嘆く人が多いのもうなづけます。というのは、スマートフォンを選ぶときに一番重視するのは機能やデザインではなく「通信料金」(46%)なのです。やはりスマートフォンの保持は懐具合に大きく響くのですね。

ちなみに利用するアプリに関する調査は以下の通り。

■ ゲーム・・・51%
■ 交通、地図、ナビゲーション・・・45%
■ 天気情報・・・41%

これからは従来の携帯のほとんどはスマートフォンにとってかわると予想しているドコモ、au、ソフトバンクは、このアンケート結果を真摯に受け止めてくれたらいいなと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事