クリップボードの履歴をテキストだけでなくスクリーンショット画像まで保存できるフリーソフト SimpleCip

スポンサーリンク

ブログ記事を書くのに役立つツールとしてクリップボードの履歴を保存するツールは必須ですが、テキストと一緒に画像まで一緒に保存してくれるフリーソフトがありました。SimpleCip というクリップボード拡張フリーソフトです。まとめ記事を書く時に、テキストやスクリーンショットを順番に保存して、順番に出力してくれるのがいいですね。

画像のクリップボードの履歴を保存できるフリーソフト SimpleCip


テキストとスクリーンショットの履歴を同時保存

ブログを書いていると、どうしてもコピペの作業が多くなります。アプリの紹介記事やまとめ記事などは特にそうですね。ハウツーもの「・・・の使い方」みたいな記事を書いているとスクリーンショットも沢山と撮って貼り付けなければなりません。そこで役立つにはクリップボードの履歴を保存してくれる頼もしいフリーソフトたちです。

テキストだけでなくスクリーンショットの画像も同時に保存してくれるクリップボード拡張ソフトのなかで、これまで使いものになるソフトはありませんでした。ですからクリップボードの履歴を、テキストだけでなく画像まで保存してくれるフリーソフト SimpleCip を発見した時は感激しました。

機能では、テキスト中心の Clibor や、画像の履歴を保存して編集まで可能な Screenpresso には及びませんが、単純にテキストと画像を順番に再利用するだけなら十分ですし、Windows 8 でも動きます。

ダウンロード・・・SimpleClip SimpleClip(ベクター)
スポンサーリンク

使い方

ダウンロードして解凍したフォルダから、 SimpleCip.exe をクリックして起動するだけで利用できるようになります。 タスクバーに同じアイコンが表示されます。

SimpleCip.exe をクリックして起動

次々にテキストのコピーやスクリーンショットを取ってゆきます。保存したものを再利用する場合、タスクバーにあるアイコンをクリック。保存されたテキストや画像が表示されます。カーソルをアイテムの上に置くと、画像のサムネイルが表示されて簡単に確認できます。

画像のサムネイルを確認に確認できる SimpleCip

再利用の方法

保存されたアイテム(画像やテキスト)を利用したい場合、あらかじめ挿入したい場所にカーソルを入れておいて、保存されたテキストや画像を順番にクリックすれば次々に挿入されます。Webページのまとめ記事作成時に、引用と画像を順番に挿入する場合にかなり役立ちます。

SimpleCip には他にも便利な機能が付いています。クリップボードの中のアイテムを右クリックして、ロック/保存/テキスト編集/Web検索 などを利用可能です。

 SimpleCip の便利な機能

裏技?

裏技かどうかわかりませんが、Webページのキャプチャに便利な機能もあります。キャプチャ情報をタイトルにして保存できるスクリーンキャプチャソフト SnapCrab for Windows でWebページのスクリーンショットを撮ってゆき、SimpleCip の画像をドラッグ&ドロップすれば、画像タイトルやAtl属性に日付/キャプチャしたWebページURLとタイトル/ブラウザ 情報が入力されます。

 SimpleCip の裏技的利用法

以上、ブログのまとめ記事やハウツーものを書くときに便利な、クリップボード拡張ソフト  SimpleCip の紹介でした。

このツールの登場で、私が愛用するスクリーンショット関連とクリップボード拡張ツールは以下の3つを合わせて合計4つになりました。

  1. テキスト中心クリップボード拡張ソフト・・・ Clibor
  2. 画像の履歴を保存して編集まで可能なソフト・・・・Screenpresso
  3. 自由自在にスクリーンキャプ可能なソフト・・・・ SnapCrab for Windows
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事