ユーストリームの手話による地震ニュースがろう者・聴覚障害者に役立つ!手話ボランティアに感謝!

スポンサーリンク

災害時には社会的弱者への配慮まで手が回らなくなるものです。今回の東北関東大震災でもそう言えますね。

しかし今回の震災でも大いに役立っているインターネットのライブ放送サービス「ユーストリーム(USTREAM)」では、手話通訳による地震災害関連のニュースや大切な情報(被害情報、原発事故、政府の会見など)を定期的に放送してくれているそうです。耳の不自由な方にはかなり重宝しているそうです。

地震ニュースや災害情報をユーストリームがろう者向けに手話による生放送します。

手話による放送しているユーストリーム

ユーストリームを通じて手話による地震関連情報を提供してくれているのはインターネット放送サークルの「ニコ生企画放送局」です。スタジオは最近開設された中央区日本橋人形町の「NIHONBASHI CAFEST」からです。

このスタジオはユーストリームに簡単に配信できる設備を備えたスタジオで、喫茶店でお茶しながらユーストリームでライブ放送可能になっています。茶の間の延長で気軽にネット放送できる空間としてオープンしました。

20110322103905

ボランティア精神の塊のような有志たちがこのスタジオを借りて、ろう者や聴覚障害者に向けに地震関連のニュースや貴重な情報を手話で翻訳し、それをユーストリームでライブ中継しています。

日本橋経済新聞によると、手話通訳されているのは、「首相官邸会見の一部、東京電力や原子力安全・保安院の会見など」でほぼリアルタイムで放送しているようです。

通訳者や協力している関係者のボランティア精神もさることながら、NIHONBASHI CAFÉST がスタジオを無償提供しているのはすばらしいですね。またパンや飲み物などの差し入れまでしてくれるという太っ腹な運営者です。

店長は喜多村宗史さんという方で、上記のサイトのプロフィールによると、議員秘書や富裕層向けマーケッターを経て、今のカフェ業界に参入したとか!かなりやり手の方みたいですね。

20110322105116

ちなみに手話放送は、22日から24日は10時から19時まで放送する予定だそうです。是非手話で地震や被災状況などの情報をリアルタイムで見たい方はhttp://www.ustream.tv/channel/cafestjpまでどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事