フェイスブック(Facebook)で就職活動が当たり前の時代の備えは有力企業の友人探し!マイクロソフトが参入

スポンサーリンク

欧米では大手のSNS(ソーシャルネットワークサービス)を通じて転職、転職活動したり、企業が採用活動をするのはもはや当たり前の時代になっているそうです。日本でもフェイスブック(Facebook)などを通じて就職活動、採用活動が少しづつ行われているようですが、ほとんど知られていません。しかしこれからはフェイスブックを通じて、自分の経歴や学歴、また趣味や質の高い友人関係を採用企業にアピールし、就職や転職につなげる動きが加速してゆくことでしょう。就職活動ができるフェイスブック

その後押しをするかのようにマイクロソフトは、エン・ジャパンと協力し、日本でのフェイスブックによる企業や会社の採用活動、個人の転職を支援するサービス提供開始するようです。それでこれから就職・転職を考えている方はしっかりと情報をキャッチしたいと思うでしょう!

  • ではフェイスブックを通じてどのように就職、採用活動が行われるの?
  • 就職・転職に備えてどんな準備ができるの?

マイクロソフトがフェイスブックを利用して採用・就職活動を支援

今回、日本マイクロソフトとエン・ジャパンが、フェイスブックを利用して企業が貴重な人材を獲得するための採用活動をしやすくするクラウドシステムサービスを5月に導入開始するようです。

そのフェイスブックを通じて採用活動をどのように行うかが、以下のように図で分かりやすく説明さていました。(日経プレスリリースより。)

それによると、採用を希望する企業の人事は、フェイスブックに登録している社員を通じてフォローしている社員のフレンド(友人)の中から候補となるフレンドを見つけます。そしてその社員が採用候補となる友人に、求人情報を転送したり、自主的な応募の打診をします。

一方、企業から求人情報をもらった社員の友人が就職・転職を考えているなら「ラッキー」と思い、希望どおりの企業かどうかを知るために仲介したフレンド(社員)を通じて情報提供してもらったり直接応募したりする、という構図です。

フェイスブック内で就職活動する構図

上記のプレスリリースによると、求職者側のメリットが以下のように取り上げられていました。

  1. 知人のネットワークを利用し、信頼のおける情報を元にした求職活動が可能搭載機能(予定だそうです)
  2. 友人・知人の在籍企業及び求人情報の表示機能
  3. 在籍社員による企業評価の表示機能

確かにフェイスブックは信頼が信頼の輪の生み出してゆくシステムになっているので、信頼が要の採用、求職活動には最適かつ効率的なSNSですね。

スポンサーリンク

就職・転職の準備とは?

今回大手のマイクロソフトがフェイスブックを使った採用システムを企業に提供するようになることが上記のように明らかになった今、自分の経歴や技能を武器に転職や就職を考えている人が今出来ることは何でしょうか?それはフェイスブックに登録して、就職・転職に結びつくプロフィール情報を充実させ、フェイスブック内で就職したい企業の友人(フレンド)を沢山見つけフォローしておくことですね。そうすればプロフィールを見た企業は、採用を打診してくる可能性が高くなるわけです。(フェイスブックの登録方法と使い方はFacebook「フェイスブック」日本語に登録!使い方は簡単でしたよりどうぞ。)

転職・就職に備えてフェイスブックで友人探しを

今回の地震(震災)で職場を失った東北・関東には貴重な人材があふれているでしょう。しかし企業や会社はそのような即戦力となる人材の情報を入手する経路がほとんどないのです。そこでフェイスブックという協力なSNSが効率的に仲介するのです。
スポンサーリンク

フォローする

関連記事