納得!思わずシェアしたくなるブログ記事タイトルの付け方とは?

スポンサーリンク

私がブログ運営をして、1年半以上になりますがアクセス狙いはほとんど検索エンジンを意識したもので、ブックマークやソーシャルメディアでのシェアはわずかばかりでした。しかし、思わずシェアしたくなるブログ記事のタイトルの付け方に関してヒントを得ました。実はタイトルを32文字に制限して、そこにキーワードだけでなく、共感を呼ぶ言葉を入れるというものです。image

このブログのサイドバーに最近の記事一覧を表示していますが、ご覧の通り記事タイトルはかなり長く50文字近くはあります。これでは検索エンジンにヒットしてもキーワードの羅列だけで、思わずクリックしたりブックマーク(シェア)したくなるものとは言い難いようです。

しかし、Googlの検索エンジン最適化(SEO)でもまとめられているように、google自身から公表されている「検索エンジン最適化スターターガイド」では、「説明的なタイトル」を付けるように、さらに検索結果に表示される文字数は決まっているので、長すぎることがないようにというものがあったのです。

それで私はブログ記事を書く時、どうしても欲が出てキーワードを記事タイトルに詰め込んで全角50文字近くにしていました。それが読む側にとってはくどいと感じさせたんかもしれません。

そこで本当は教えたくないSEO!アクセス数が20倍になったブログタイトル32文字の法則という記事には、思わずシェアしたりブックマークしたりしたくなるタイトルの付け方を実践することで、アクセスが突然急増したことが記されていてかなり参考になりました。

その記事によると以下のポイントにまとめることができます。

  1. 記事タイトルは32文字以内にすること・・・はてなブックマークで表示されるタイトルはそれより長い分は表示されず。(そういえばgoogleの検索結果に表示されるタイトル文字数も決まっていますね。)
  2. 記事タイトル前半部分にキーワードと感情表現を入れる・・・このキーワードが話題取りであり、感情表現で共感を呼び覚ます。
  3. タイトル後半部分、誰をターゲットにしているかを明らかにして、クリックさせるための最後のひと押しとする。

なるほどうまいこと考えていますね。たとえばいかのようなタイトルはどうでしょうか?

プロが使う安心な放射線測定器!子供も携帯できるコンパクトサイズ

というタイトルはいかがでしょうか?少し文字数が多いですが、以下のような要素を含んでいます。

  • 前半・・・
    1.「プロが使う安心な」・・・感情表現で共感を呼び覚ます
    2.「放射線測定器」・・・キーワードで話題を指定
  • 後半・・・
    子供も携帯できるコンパクトサイズ』・・・ターゲットを避難地域で暮らしている親に設定している

これまで、検索エンジンを意識し過ぎていたタイトルの付け方ですが、これからは人の感情・必要・関心を意識したタイトルを付けるようにして、思わずシェアしたりブックマークしたりしたくなるブログ記事のタイトルにしたいと思います。

さて、このブログでは上記のように、ブログで成功するためのヒントとなることをしばしば書いています。他にもPCやモバイル、Webに関する初心者向けの記事、さらには役立グッズやお得な身近な話題についても書いています。そのダイジェスト版を毎週メルマガで発行していますが、希望される方は以下からどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事