iPadに水彩画を描ける毛筆「Sensu Brush」登場!こんなの欲しかった!

スポンサーリンク

デジタル絵画を入門機として新しいiPad(第三世代)を挙げることができますが、実際の毛筆として、iPadやAmazon Fireなどタブレット端末、スマートフォンで本格的な水彩画が描ける「Sensu Brush」が登場しています。日本でも発売中です。

image

「Sensu Brush」は何と日本の化粧品メーカーも協力して開発された、デジタルデバイス専用ブラシで、夢のデジタル水彩画が超手軽にiPadなどの携帯端末で可能になります。(iPhoneの利用がもっと多いかも)

image

こんな水彩画を楽しめる生活がしたい!。

image

細かなタッチも思いのまま!かどうかは実際に使ってみないとわかりませんが、「Sensu Brush」で動画で確認したところはかなりきめが細かい作業ができそうです。

「Sensu Brush」は以下のようにキャップが付いており、タッチペンにもなります。

image

筆を使う状態では長さは181mmで、筆先をキャップにしまうと114mmまで縮まります。

image

バリエーションはクロームとガンメタルです。

image

タッチペンでの利用も使いやすそうですね。

image

「Sensu Brush」は、Paperというお絵かきアプリと相性がよさそうですね。

お値段は以下のように39.99US$です。Sensu Artist Brush & Stylus for iPad and Touch Screen Devices

image

「Sensu Brush」は、現在のところ米国内のみ販売しているようですが、間もなく世界規模で販売開始するそうですよ。

2012年12月13日追記:日本でも、Amazon や 楽天 で販売開始していました。結構なお値段ですが、満足度は高いようです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事